『BF5』NVIDIAリアルタイムレイトレーシング速度は1080p/60fps!『Metro Exodus』も同速度目指す【gamescom 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『BF5』NVIDIAリアルタイムレイトレーシング速度は1080p/60fps!『Metro Exodus』も同速度目指す【gamescom 2018】

NVIDIAが先日発表した新ビデオカード「GeForce RTX」シリーズ。同ビデオカードの最大の特徴となるのが、ゲーミング向けのリアルタイムレイトレーシング機能への対応ですが、海外メディアがそのパフォーマンスの詳細を報じています。

ゲーム機 技術
『BF5』NVIDIAリアルタイムレイトレーシング速度は1080p/60fps!『Metro Exodus』も同速度目指す【gamescom 2018】
  • 『BF5』NVIDIAリアルタイムレイトレーシング速度は1080p/60fps!『Metro Exodus』も同速度目指す【gamescom 2018】
  • 『BF5』NVIDIAリアルタイムレイトレーシング速度は1080p/60fps!『Metro Exodus』も同速度目指す【gamescom 2018】
NVIDIAが先日発表した新ビデオカード「GeForce RTX」シリーズ。同ビデオカードの最大の特徴となるのが、ゲーミング向けのリアルタイムレイトレーシング機能への対応ですが、海外メディアがそのパフォーマンスの詳細を報じています。


DSOGamingによれば、「gamescom 2018」のプレゼンテーションにおいて、DICEは、リアルタイムレイトレーシングデモ映像にスローモーションのシーンも含まれていたことから不安に感じたファンの声に対し、『バトルフィールド V』において同機能が1080p/60fpsで堅実に動作するとコメント。美麗なデモ映像同等の内容が実際に十分なゲーム速度で楽しめる旨を明らかにしています。

また、『Metro Exodus』を手がける4A Gamesは、Rock, Paper, Shotgunの取材に対し、同作において、RTXシリーズを利用したリアルタイムレイトレーシング機能の動作目標が1080p/60fpsであることを明らかにし、目標達成のための最適化を進めているとしました。なお、4A Gamesによれば同作ではRTXでのリアルタイムレイトレーシングの有無はオプションであり、必要に応じて切替可能であるとのことです。


華々しくお披露目が行われたリアルタイムレイトレーシング機能。従来からまた卓越した映像表現を魅せた同機能ですが、大型タイトルの1080p/60fps動作が既に報告されていることを考えれば、本当に実用的なレベルでの実装を期待できそうなところです。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 51 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

    携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

  2. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

    VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  3. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

    PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

  4. 【PS4発売特集】スマホと連携!PlayStation Appで出来ることをチェック

  5. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

  6. あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場

  7. E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】

  8. 『Atomic Heart』VRスピンオフ『Soviet Lunapark VR』の開発とサポートが終了―販売も停止へ

  9. 90年代風味のVRサバイバルホラー『Organ Quarter』がSteam配信!

  10. 世界初の3画面ノートPC「Project Valerie」が発表!―Razerのコンセプトデザイン

アクセスランキングをもっと見る

page top