『Fallout 76』メインクエストと核ミサイルの関係は?海外インタビューで新情報判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』メインクエストと核ミサイルの関係は?海外インタビューで新情報判明

海外メディアGame Informerは、Bethesda Softworksのトッド・ハワード氏らにインタビューを行い『Fallout 76』に関する気になる情報を伝えました

家庭用ゲーム PS4
『Fallout 76』メインクエストと核ミサイルの関係は?海外インタビューで新情報判明
  • 『Fallout 76』メインクエストと核ミサイルの関係は?海外インタビューで新情報判明
!注意!本記事には、ネタバレとなりうる情報が記載されています。発売前タイトルのため、閲覧にはご注意ください


海外メディアGame Informerは、Bethesda Softworksのトッド・ハワード氏らにインタビューを行い『Fallout 76』に関する気になる情報を伝えました。

初のオンラインプレイ対応となる本作の中でも、“核ミサイル”については、プレイヤーがどのようなアプローチを行うのかが気になるところ。これについてハワード氏は『Fallout 76』には“メインクエスト”があり、その最後で使用されるという旨の解答をしています。

“Vault 76”からの脱出後、監督官からの通信を受けて開始するクエストラインの終わりに核を撃つとのこと。クエスト自体はウェストバージニア全体をくまなく使ったもので、進めるにはそれなりに高いレベルになる必要もあるほか、寄り道要素も少なくないため時間がかかることが予想されます。

本作では、「NPCがいない」ことも注目のポイントとして挙げられていますが、クエストは、監督官からの通信のほか、ホロテープやターミナル、果てにはロケーションに到達することでも発生すると明かされています。

なお、『Fallout 76』の1サーバーにおけるプレイヤー人数は、最大24名(マップの大きさはFallout 4の4倍)。フレンドと組めるグループ人数は既報通り4名です。デベロップメントディレクターのChris Mayer氏によれば、プライベートサーバーはローンチされないようです。

このほか、Game Informerのインタビューでは、S.P.E.C.I.A.L.の詳細なども語られています。
《杉元悠》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 23 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  2. 【吉田輝和のTGS絵日記】時間よ止まれ!フロムVR新作『Deracine』でイタズラ大好き紳士になる

    【吉田輝和のTGS絵日記】時間よ止まれ!フロムVR新作『Deracine』でイタズラ大好き紳士になる

  3. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

    期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  4. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  5. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

  6. 『アサシン クリード オデッセイ』ギリシア神話研究家 藤村シシンさんが語るコメンタリー動画が公開【UPDATE】

  7. Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

  8. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

  9. 『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

  10. 自由エルジア復活!?『エースコンバット7』VRモード体験レポ―スタッフインタビューも

アクセスランキングをもっと見る

page top