『Fallout 4』内で『New Vegas』を再現する大型Modはボイスを独自収録―海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 4』内で『New Vegas』を再現する大型Modはボイスを独自収録―海外報道

海外メディアKotakuは、大型Mod『Fallout 4: New Vegas』の制作チームが直面したゲーム内ボイスについての事情を明らかにしました。

ゲーム文化 Mod
『Fallout 4』内で『New Vegas』を再現する大型Modはボイスを独自収録―海外報道
  • 『Fallout 4』内で『New Vegas』を再現する大型Modはボイスを独自収録―海外報道

海外メディアKotakuは、大型Mod『Fallout 4: New Vegas』の制作チームが直面したゲーム内ボイスについての事情を明らかにしました。

『Fallout 3』を『Fallout 4』内で再現するMod「Capital Wasteland」が音声の問題で無期限の開発停止になったことは記憶に新しいですが、これと類似する問題に直面したのが本記事で取り上げている『Fallout 4: New Vegas』。本Modは、『Fallout 4』のエンジンで『Fallout: New Vegas』を再現するものですが、やはり音声の使用は許可されませんでした。

プロジェクトマネージャーのMeta氏は、相当するボイスを取り出すために行う、ゲームのデコンパイルがEULAに違反してしまうこと、許可を得るためには多大な費用がかかり、複数回に及ぶ交渉が必要であることから、ボイスを独自に収録するという決断に至ったことを語っています。

ただし、全てのキャラクターのボイスを収録するのは狂気的であるとし、『Fallout 4: New Vegas』では、全てのキャラクターに声がついた状態、という保証なくリリースされるだろう、とも語られています。

そのほか、収録の苦労なども語られており、先日公開された「Ain't That a Kick In The Head」のセリフ収録はリテイクなども含めて2,3週間にも及んだことなど、制作チームが本Modにかける熱量が確認できます。『Fallout 4: New Vegas』のボイス事情が気になる方は要チェックです。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』上で『DOOM』を動作させる海外ユーザー登場

    『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』上で『DOOM』を動作させる海外ユーザー登場

  2. カニVSカニの格闘ACT『カニノケンカ』がe-Sportsに!鳥取県特産品「カニ」PRにゲーム活躍

    カニVSカニの格闘ACT『カニノケンカ』がe-Sportsに!鳥取県特産品「カニ」PRにゲーム活躍

  3. Netflixドラマ版「ウィッチャー」クリスマストレイラー公開―冬のモンスター狩り

    Netflixドラマ版「ウィッチャー」クリスマストレイラー公開―冬のモンスター狩り

  4. PS5だと思って開封したら…米!? 英Amazonから配送のPS5がすり替えられる事例が発生中

  5. ドラマ版『The Last of Us』制作正式発表!脚本にはニール・ドラックマン氏も参加―キャストや放送時期は不明

  6. 『マインクラフト』内で起動したWindows XPで『DOOM』をプレイするユーザー現る

  7. Internet ArchiveがFlashアニメ・ゲームの保存を発表―プラグイン無しでブラウザ再生可能に

  8. デーモン陽性反応……妊娠検査薬のディスプレイで『DOOM』を起動する海外ユーザー登場

  9. 『スマブラDX』エミュレータ使用オンライン対戦で新型コロナ下開催予定のe-Sports大会をニンテンドー・オブ・アメリカが差止め―使用ソフトの違法コピーなど問題視

  10. 『GUILTY GEAR』エルフェルト、蔵土縁紗夢、ディズィー、梅喧の3Dアバターが「バーチャルマーケット5」で発売決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top