史上最凶やり込みシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』がSteamで配信開始! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

史上最凶やり込みシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』がSteamで配信開始!

NIS Americaは、日本一ソフトウェアの手がけるシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』Steam版の配信を開始しました。

ニュース 最新ニュース
史上最凶やり込みシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』がSteamで配信開始!
  • 史上最凶やり込みシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』がSteamで配信開始!
  • 史上最凶やり込みシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』がSteamで配信開始!
  • 史上最凶やり込みシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』がSteamで配信開始!
  • 史上最凶やり込みシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』がSteamで配信開始!
  • 史上最凶やり込みシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』がSteamで配信開始!

NIS Americaは、日本一ソフトウェアの手がけるシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5』Steam版の配信を開始しました。

本作は、PS4版が2015年3月26日に、ニンテンドースイッチ版が2017年3月3日(ローンチタイトル)にそれぞれ発売された現時点でのナンバリング最新作。Steam版はPS4版のアップデートパッチや追加DLCがすべて収録されたいわゆる完全版となります。


『魔界戦記ディスガイア』シリーズと言えば、その凶悪までのやり込み要素。もちろん本作も前作以上のやり込みが可能で、総勢29人の個性的で強力なキャラクターとの冒険を楽しめます。



本作においてプレイヤーは「ミニ魔界」を拠点とし、さまざまな施設を駆使して反乱軍を増強していきます。またプレイヤー自身でオリジナルの戦闘ユニットを作成し、戦力強化を図ることも可能。40種類以上の種族&職業から一つを選択し、名前やステータス値など様々なパラメータを好みに設定できます。思い通りに育成し、最強最凶のキャラクターを作り上げましょう。


『魔界戦記ディスガイア5』Steam版は3,980円で配信中。デジタルアートブックを収録した「Digital Dood Edition」、さらに『アサルトスパイ』を加えた
「Disgaea 5 Complete and Assault Spy」のバンドルも用意されています。

本体は2018年10月30日まで25%引きの2,985円、「Digital Dood Edition」は27%引きの3,263円、「Disgaea 5 Complete and Assault Spy」は26%引きの6,302円で購入可能です。
《渡辺仙州》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS4/XB1版発売決定の『Metro Exodus』国内版の詳細が明らかに!主要キャラの声優陣も公開

    PS4/XB1版発売決定の『Metro Exodus』国内版の詳細が明らかに!主要キャラの声優陣も公開

  2. 4人Co-opアクション『Warhammer: Vermintide 2』第2弾DLC「Back to Ubersreik」発表!―初作の3ステージをリマスター

    4人Co-opアクション『Warhammer: Vermintide 2』第2弾DLC「Back to Ubersreik」発表!―初作の3ステージをリマスター

  3. 『Fallout 76』B.E.T.A.でのフィードバックを元にした今後のロードマップを公表

    『Fallout 76』B.E.T.A.でのフィードバックを元にした今後のロードマップを公表

  4. MicrosoftがObsidianとinXileを買収、海外イベント「X018」で発表

  5. 噂: 今後のSteam大型セール実施日程が判明か―非公式データベースサイトが報告

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 世代交代のあるサンドボックス・ライフシムRPG『Kynseed』早期アクセス開始!―2Dオープンワールドで自由に生活

  8. 『ファイナルファンタジーXV』DLC3つの制作中止や田畑Dの離脱が発表―アーデン編は制作続行

  9. 名作ローグライクの続編『Risk of Rain 2』2019年Q1に早期アクセス開始予定!―Steamにも登場

  10. 噂:「プレイステーション クラシック」、ゲームタイトルの動作にオープンソースの既存エミュレータを使用か―海外メディア情報

アクセスランキングをもっと見る

page top