中国が新規ゲーム審査を完全に停止か―ブルームバーグ報ずる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国が新規ゲーム審査を完全に停止か―ブルームバーグ報ずる

ブルームバーグは、2018年に入ってから続く中国での新規ゲーム審査凍結について、同国内で暫定的に行われていた認可プロセスが終了し、全ての新規審査手段が無くなったと報じています。

ニュース ゲーム業界
中国が新規ゲーム審査を完全に停止か―ブルームバーグ報ずる
  • 中国が新規ゲーム審査を完全に停止か―ブルームバーグ報ずる
ブルームバーグは、2018年に入ってから続く中国での新規ゲーム審査凍結について、同国内で暫定的に行われていた認可プロセスが終了し、全ての新規審査手段が無くなったと報じています。

これはブルームバーグに対し、匿名の関係者情報として提供されたもの。情報源は、中国内ではあくまで非公開情報であるものの、「グリーンチャンネル」として2018年8月より実施されていた暫定的な認可プロセスは既に行われていないとしました。

中国のゲーム審査を巡っては、2018年3月より政府の組織再編に伴うものと見られる姿勢変更を受け新規のゲーム認可が通過しない状態にあったほか、9月には習近平主席が子供の近視率の高さを憂慮する談話を行ったことを理由とし、「子供や青年の目を守るため」オンラインゲームの新作やゲーム全体の本数を規制する方針が明らかにされていました。

一部アナリストなどは直近に規制緩和が行われる可能性について見込んでいましたが、願いは儚くも潰え、実質更なる規制強化となってしまった形に。また、中国最大手のITコングロマリットであるテンセントを始め、多くの中国ゲーム関連企業は一連の流れを受け、大きな停滞を余儀なくされてしまった状態です。

さらに同メディアによれば、既に中国のゲーム企業が自社のライセンスを最大50万元(約811万円)で売るグレーマーケットも出現しているとのことで、まだまだ混乱は続きそうな気配です。

一方、メーカー・ユーザーともに、中国国内でのサービス利用が合法か違法であるかに関わらず、VPNなどを通じたSteam等海外サービスへの移行が今後一層加速する結果となることが予想され、こちらも少なからず市場の空気に変化を及ぼす可能性があります。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

    初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  2. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  3. タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

    タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

  4. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  5. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

  6. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  7. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  10. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top