『レッド・デッド・リデンプション2』全世界出荷本数が1,700万本突破!前作が8年かけた販売本数を超える | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レッド・デッド・リデンプション2』全世界出荷本数が1,700万本突破!前作が8年かけた販売本数を超える

先日、発売から3日間で7億2,500万ドルを売り上げたことが報告された『レッド・デッド・リデンプション2(Red Dead Redemption 2)』ですが、Take-Two Interactiveは本作の全世界出荷本数が1,700万本を突破したと発表しました。

ニュース ゲーム業界
『レッド・デッド・リデンプション2』全世界出荷本数が1,700万本突破!前作が8年かけた販売本数を超える
  • 『レッド・デッド・リデンプション2』全世界出荷本数が1,700万本突破!前作が8年かけた販売本数を超える
  • 『レッド・デッド・リデンプション2』全世界出荷本数が1,700万本突破!前作が8年かけた販売本数を超える

先日、発売から3日間で7億2,500万ドルを売り上げたことが報告された『レッド・デッド・リデンプション2Red Dead Redemption 2)』ですが、Take-Two Interactiveは2019会計度第2四半期の業績報告において、本作の全世界出荷本数(パッケージ版の出荷とデジタル版の販売を含む)が1,700万本を突破したと発表しました。

Take-Twoの会長兼CEO Strauss Zelnick氏によれば、『レッド・デッド・リデンプション2』は発売から8日間で前作『レッド・デッド・リデンプション』の8年間の販売記録を超えたとのこと。同氏は加えて「当社の強力な第2四半期の業績とレッド・デッド・リデンプション2の優れた早期の成果の結果、2019年度の業績見通しを引き上げており、正味収入と調整済み営業キャッシュフローが記録的な年になる予定です。今後当社はレーベル全体にわたって強力な開発パイプラインを持ち、長期的な成長とマージン拡大のために非常に有利な立場にあります」と伝えています。

なお、デジタル配信による売り上げに貢献したタイトルとして『Grand Theft Auto V』のオンライン要素『Grand Theft Auto Online』が筆頭に挙げられていることから、今後登場する『レッド・デッド・リデンプション2』のオンライン要素『レッド・デッド・オンライン(Red Dead Online)』にも大きな期待を寄せているのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. ゾンビサバイバル『7 Days to Die』が『Killing Floor』のアセット無断使用でSteam Greenlightから削除

    ゾンビサバイバル『7 Days to Die』が『Killing Floor』のアセット無断使用でSteam Greenlightから削除

  2. 『メタルマックス』の新世代を告げるティーザー映像を公開─世界はリアルに描かれ、“ポチ”も走る!

    『メタルマックス』の新世代を告げるティーザー映像を公開─世界はリアルに描かれ、“ポチ”も走る!

  3. 中世ストラテジー最新作『Crusader Kings III』発表! 前作『Crusader Kings II』は無料化

    中世ストラテジー最新作『Crusader Kings III』発表! 前作『Crusader Kings II』は無料化

  4. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

  5. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  6. 新たなバンドル月額サービス「Humble Choice」が発表―「Humble Monthly」から改定へ【UPDATE】

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  9. シューター版の新作『Plants vs. Zombies: Battle for Neighborville』正式発表!

  10. ピーター・フォンダさん逝去―『GTA:SA』のトゥルース役や「イージー・ライダー」主演など

アクセスランキングをもっと見る

1
page top