発売前の『スマブラSP』コンテンツ無断投稿でYouTubeチャンネルが続々停止処分 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

発売前の『スマブラSP』コンテンツ無断投稿でYouTubeチャンネルが続々停止処分

海外メディアNintendo Insiderは、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』のリーク動画を投稿していた2つのチャンネルがアカウントの永久停止を受けたことについてまとめています。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
発売前の『スマブラSP』コンテンツ無断投稿でYouTubeチャンネルが続々停止処分
  • 発売前の『スマブラSP』コンテンツ無断投稿でYouTubeチャンネルが続々停止処分
  • 発売前の『スマブラSP』コンテンツ無断投稿でYouTubeチャンネルが続々停止処分
  • 発売前の『スマブラSP』コンテンツ無断投稿でYouTubeチャンネルが続々停止処分
海外メディアNintendo Insiderは、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』内のコンテンツを無断で投稿していた2つのチャンネルがアカウントの停止処分を受けたことを報告しました。

12月7日に発売を控えている『スマブラSP』ですが、海外では既にいわゆるフラゲ配信が始まっており、ゲームプレイのフッテージやゲーム内から抜き出されたサウンドトラック音源などがYouTubeを始めとする動画投稿サイトに投稿されています。

ゲーム内サウンドトラックの楽曲をアップロードしたYouTubeチャンネルCrunchiiは、著作権侵害の申し立てによりチャンネル停止(既にアクセス不能)。通常は3件の著作権侵害申し立てをされるとアカウントが停止されますが、Crunchiiは21件の申し立てを受けた旨をTwitter(現在は非公開アカウント)で語ったと伝えられています。また、Dystifyzerというチャンネルも警告を受け、11月25日時点で、7日以内にアカウントが削除されるとしていました。

Dystifyzerは、他のアップローダーに置いていかれたくなかったからリスクを承知の上で動画をアップロードしたと説明していますが、どのような理由であろうと、発売前のコンテンツを無断で公開するのは迷惑で危険な行為。配信/視聴、それぞれのハードルが低くなった今こそ、改めて再確認した方が良いのかもしれません。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 汚家を掃除&リフォーム! 国内PS4版『ハウスフリッパー』が配信開始

    汚家を掃除&リフォーム! 国内PS4版『ハウスフリッパー』が配信開始

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 『ディアブロ IV』新ティーザー!敵「Cannibals」を紹介、UI改善についての報告も

    『ディアブロ IV』新ティーザー!敵「Cannibals」を紹介、UI改善についての報告も

  4. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  5. 『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』の名作ぶりに酔え! ゼットセイバーからロックマン大戦争まで魅力をお伝え

  6. 「PS Plus」20年3月度は『ワンダと巨像』などがフリープレイ!『Dreams Universe』デジタルサントラプレゼントも

  7. 美味しい食べ物でスキルを覚えるカラフル&ポップ2DACT『Super Crush KO』国内スイッチ版が配信開始

  8. 『バイオハザード RE:3』体験版の詳細は近日中に発表―ネメシスとの死闘を描く新たなプレイ映像も公開

  9. 『バイオハザード RE:3』 メディア体験会ハンズオン…『バイオハザード RE:2』とは異なる方向性のリメイク作に

  10. 『ポケモン ソード・シールド』ダイマックスした「ミュウツー」がマックスレイドバトルに登場!力を合わせて勝利を目指せ【PokemonDay】

アクセスランキングをもっと見る

page top