突然変異で生まれた黄金色のフクロギツネ、「ピカチュウ」として愛されるー海外SNSを中心に話題 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

突然変異で生まれた黄金色のフクロギツネ、「ピカチュウ」として愛されるー海外SNSを中心に話題

オーストラリアの動物病院がSNSに投稿したフクロギツネの写真が、『ポケモン』の「ピカチュウ」に似ているとして海外のFacebookを中心に話題になっています。

ゲーム文化 カルチャー
突然変異で生まれた黄金色のフクロギツネ、「ピカチュウ」として愛されるー海外SNSを中心に話題
  • 突然変異で生まれた黄金色のフクロギツネ、「ピカチュウ」として愛されるー海外SNSを中心に話題
  • 突然変異で生まれた黄金色のフクロギツネ、「ピカチュウ」として愛されるー海外SNSを中心に話題

オーストラリアの動物病院がSNSに投稿したフクロギツネの写真が、『ポケットモンスター』の「ピカチュウ」に似ているとして海外Facebookを中心に話題になっています。

海外メディアThe Ageによれば、オーストラリアの動物病院Boronia Veterinary Clinicは、毛皮が黄金色になった生後5ヶ月ほどのBrushtail Possum(フクロギツネ)が親とはぐれているのを発見し、保護したとのこと。そしてその写真を同病院のFacebookアカウントに投稿したところ、その色や見た目が「ピカチュウ」を彷彿とさせるということで1,300回以上拡散され、一躍人気者になったのだそうです。


獣医のStephen Reinisch氏によれば、フクロギツネは遺伝子変化の影響でメラニン濃度が低い毛皮を持つ個体が発生することがあり、「ピカチュウ」もそのような特徴を持つと思われるとのこと。また、「ピカチュウ」が親とはぐれた経緯については、母親の背中から偶然落ちてしまった可能性が高いとしています。

ちなみに、 Reinisch氏によればこの「ピカチュウ」の健康状態は良好なようです。ただし、その派手な体色から野生に戻しても生き残れる可能性は低いため、野生に帰されることはないということです。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

    実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

  2. 『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

    『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』のサントラが7月12日に発売―予約注文で2曲が先行DL可能

    『レッド・デッド・リデンプション2』のサントラが7月12日に発売―予約注文で2曲が先行DL可能

  4. 『Fallout 76 Power Armor Edition』生地が違うと問題になった特典バッグの交換が開始?ユーザーが写真投稿

  5. 98年風『バイオショック』のデメイク映像!―ビッグダディの不気味さがより一層…

  6. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  7. バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

  8. 「DeToNator」代表・江尻勝氏とStreamer・YamatoN氏がASUS JAPANの新製品発表会でゲーミングPCとe-Sportsの今を語る

  9. 『No Man's Sky』開発者達へ目に見える形で感謝を!ファンが心温まる計画を進行中

  10. PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

アクセスランキングをもっと見る

page top