TVシリーズ版『Halo』ルパート・ワイアットが監督を退任―制作の遅延が原因に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

TVシリーズ版『Halo』ルパート・ワイアットが監督を退任―制作の遅延が原因に

Rupert Wyatt氏がTVシリーズ版『Halo』の監督兼エグゼクティブ・プロデューサーを退任したことが明らかになりました。

ゲーム文化 カルチャー
TVシリーズ版『Halo』ルパート・ワイアットが監督を退任―制作の遅延が原因に
  • TVシリーズ版『Halo』ルパート・ワイアットが監督を退任―制作の遅延が原因に
  • TVシリーズ版『Halo』ルパート・ワイアットが監督を退任―制作の遅延が原因に
  • TVシリーズ版『Halo』ルパート・ワイアットが監督を退任―制作の遅延が原因に
「猿の惑星:創世記」の監督として知られるルパート・ワイアットがTVシリーズ版『Halo』の監督兼エグゼクティブ・プロデューサーから退任したことが明らかになりました。

Deadlineによれば、本企画の責任者であるGary Levine氏は「『Halo』自体が非常に大きなシリーズであるため、正しく制作するためにスケジュールを遅らせていたことが原因である」と語ったとのこと。ワイアットは「『Halo』の制作は、素晴らしいチームと共に独創的でやりがいのある経験ができた」とコメントしています。

2013年の発表から5年、2019年に制作が開始されるとも報じられたTVシリーズ版『Halo』。監督の退任という決して明るくないニュースに少なからず不安が募りますが、今後の動向に注目していく必要がありそうです。
《杉元悠》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』イベント「Feed The People」の不具合修正にプレイヤーから惜しむ声

    『Fallout 76』イベント「Feed The People」の不具合修正にプレイヤーから惜しむ声

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. ゲーマー大興奮の映画「レディ・プレイヤー1」が2019年1月25日よりNetflixで配信開始

    ゲーマー大興奮の映画「レディ・プレイヤー1」が2019年1月25日よりNetflixで配信開始

  4. figmaで『オーバーウォッチ』“リーパー”登場!予約も開始

  5. 可動フィギュアfigmaに『オーバーウォッチ』からゲンジが登場!予約受付も開始

  6. 『Fallout』の「X-01 パワーアーマー」フィギュアにベゼスダ・ストア限定カラーが登場!

  7. 『オーバーウォッチ』より“ゼニヤッタ”がfigmaに!予約受け付けも開始

  8. figma「ウィドウメイカー」発表!予約受付も間もなく開始

  9. 『MOTHER2』コラボも!「ほぼ日」創刊20周年記念で豪華アーティストデザインのハラマキを発表

  10. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

アクセスランキングをもっと見る

page top