米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か

海外メディアのPolygonは、アメリカのラッパー"ソウルジャ・ボーイ・テレム"が自身の名前を冠した携帯ゲーム機と家庭用ゲーム機を発売したことを報じました。

ゲーム機 ハードウェア
米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か
  • 米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か
  • 米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か

海外メディアのPolygonは、アメリカのラッパー"ソウルジャ・ボーイ・テレム"が自身の名前を冠した携帯ゲーム機と家庭用ゲーム機を発売したことを報じました。


これらはそれぞれ「SouljaGame Handheld」「SouljaGame Console」と名付けられており、自身のウェブサイト"SouljaWatch"にて販売中。商品ページによれば、携帯ゲーム機は「ニンテンドースイッチ/3DS/Vita/NEOGEO/GBC/ゲームボーイ/GBA」に対応、家庭用ゲーム機は「SOULJAGAME/PS/NEOGEO/PC/セガ/GBA/NES(海外版ファミリーコンピュータ)」に対応しているとのことです。

しかし、この2つの機器はそれぞれ、様々なゲーム機を開発している企業"Anbernic"の「2018 Portable Video Handheld Game Console」「Retro Mini Video Game Console」と同一のものと見られ、独自に開発したものではなく、名前を変えて転売しているのではないかと思われます。また価格は、オリジナルの携帯ゲーム機が79.99ドル、家庭用ゲーム機が105.99ドルなのに対して、セール価格ですら99.99ドルと149.99ドル(通常価格はどちらも199.99ドル)と高値がつけられており、非常に怪しい商品となっています。

すでにTwitter上ではこうした事実を指摘する声が多数挙がっていますが、ソウルジャ・ボーイ自身は製品の購入者に感謝を述べゲーム事業の継続を宣言するのみで、目立った反応は示していません。
《TAKAJO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 仮想トリガー+専用ギアで極上のスマホゲーミングを体感。「ROG Phone 6」で『Apex Legends Mobile』を徹底プレイ

    仮想トリガー+専用ギアで極上のスマホゲーミングを体感。「ROG Phone 6」で『Apex Legends Mobile』を徹底プレイ

  2. リアルすぎて見分けがつかない!?『The Callisto Protocol』ゲームモデルと実写の比較画像が凄い

    リアルすぎて見分けがつかない!?『The Callisto Protocol』ゲームモデルと実写の比較画像が凄い

  3. ゲーミングマウス「G502 X」シリーズが11月24日より発売―ロジクールの人気マウスが高速化&新スイッチを搭載してパワーアップ

    ゲーミングマウス「G502 X」シリーズが11月24日より発売―ロジクールの人気マウスが高速化&新スイッチを搭載してパワーアップ

  4. 超本格派なVR空港お仕事シム『Airport Ground Handling Simulator VR』早期アクセス開始―プロ向けの訓練ソフト会社が開発

  5. ゲームボーイアドバンスを据え置き化!ハンダ付け不要HDMIキットのKickstarterが進行中

  6. VRコントローラーがロボットの操縦桿に!VR向けメカアクション『ARMS DOLL』配信開始

  7. XB1/Win10向け「初代Xboxコントローラー復刻版」が遂に生産開始か―MSの承認を受ける

  8. 「メガドライブミニ」9月19日世界同時発売―収録タイトルは40本『バンパイアキラー』『レンタヒーロー』『魔導物語I』も

  9. 「Steam Deck」にアンチチートサービス「Easy Anti-Cheat」を簡単に利用できるようアップデート

  10. ユービーアイ、同社タイトルとWii Uの未来へ向けて力強いメッセージを発言

アクセスランキングをもっと見る

page top