『スマブラSP』参戦ファイターを詳しく知りたい! 原作ゲームをチェックしよう─今遊ぶための手段もご紹介【複数参戦作品編】 2ページ目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『スマブラSP』参戦ファイターを詳しく知りたい! 原作ゲームをチェックしよう─今遊ぶための手段もご紹介【複数参戦作品編】

ハチャメチャな乱闘とふっ飛ばしアクションの爽快感で人気を博すシリーズ最新作、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、スマブラSP)がいよいよ12月7日に発売を迎えます。

連載・特集 特集
『スマブラSP』参戦ファイターを詳しく知りたい! 原作ゲームをチェックしよう─今遊ぶための手段もご紹介【複数参戦作品編】
  • 『スマブラSP』参戦ファイターを詳しく知りたい! 原作ゲームをチェックしよう─今遊ぶための手段もご紹介【複数参戦作品編】
  • 『スマブラSP』参戦ファイターを詳しく知りたい! 原作ゲームをチェックしよう─今遊ぶための手段もご紹介【複数参戦作品編】
  • 『スマブラSP』参戦ファイターを詳しく知りたい! 原作ゲームをチェックしよう─今遊ぶための手段もご紹介【複数参戦作品編】
  • 『スマブラSP』参戦ファイターを詳しく知りたい! 原作ゲームをチェックしよう─今遊ぶための手段もご紹介【複数参戦作品編】

◆原作ゲームのチェックが大変な『ファイアーエムブレム』! 『ゼルダの伝説』と『メトロイド』も目移り必死



■ファイアーエムブレム
・マルス
・ロイ
・アイク
・ルフレ
・ルキナ
・クロム
・カムイ

前述の2シリーズについで参戦ファイターが多い『ファイアーエムブレム』シリーズ。こちらは一部のファイターを除いて、それぞれ登場作品が異なるのでご注意を。

まず「マルス」は、シリーズの幕開けを飾ったファミコンソフト『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』の主人公を務めました。しかしどうせ遊ぶならば、リメイクされた『ファイアーエムブレム 紋章の謎』か『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』の方がプレイしやすいかもしれません。3作品ともWii UのVC版が配信されているほか、無印は3DSのVC版が、『紋章の謎』はNew3DSのVC版がそれぞれリリースされています。ちなみに、『新・暗黒竜と光の剣』のオリジナル版はDSソフトなので、3DSの互換機能で遊ぶといった選択肢も。また、『紋章の謎』は、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(以下、ミニスーファミ)にも収録されています。

「ロイ」は、『ファイアーエムブレム 封印の剣』に登場しており、Wii UのVC版がお勧め。「アイク」は、『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』と『ファイアーエムブレム 暁の女神』の2作で活躍。その人となりを知りたい方は、両作品共に遊ぶのがベスト。しかし、この2作品はオリジナル版しか存在せず、シリーズの中では『BSファイアーエムブレム アカネイア戦記』に次いで遊びにくい状況に置かれています。ちなみに前者はゲームキューブソフト、後者はWiiソフトです。

ルフレとクロム、ルキナの3人は、『ファイアーエムブレム 覚醒』からの参戦。また、カムイは『ファイアーエムブレムif』の主人公です。ルフレとカムイは、女性バージョンも選択可能。どちらの作品も3DSソフトなので、アクセスしやすい環境と言えるでしょう。

ちなみにこの7人はいずれも、iOS/Androidアプリ『ファイアーエムブレム ヒーローズ』に参戦しているので、こちらでキャラをチェックしてみるのも一興かもしれません。また一部のキャラは、コラボレーションした作品『幻影異聞録#FE』(Wii U)や『ファイアーエムブレム無双』(スイッチ/New3DS)にも登場しているので、より深く知りたい方にはお勧めです。


■ゼルダの伝説
・リンク
・シーク
・ゼルダ
・こどもリンク
・ガノンドロフ
・トゥーンリンク

こちらも原点はファミコン(ディスクシステム)で、その名もずばり『ゼルダの伝説』。のちにカートリッジ版も発売されましたが、アクセスのしやすさを考えると、3DSやWii UのVC版か、「Nintendo Switch Online」のサービスを利用するのが手軽でしょう。

ちなみに『ゼルダの伝説』シリーズにおける「リンク」や「ゼルダ」は、時代ごとに異なる人物なので、複数の作品をプレイした方がより深く知ることができます。ちなみに『スマブラSP』のリンクは、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(スイッチ/Wii U)のデザインで登場します。

「ガノンドロフ」も複数の作品に登場しますが、今回は『ゼルダの伝説 時のオカリナ』デザインに。『時のオカリナ』で「シーク」や「こどもリンク」の活躍も見られるので、押さえておきたいところです。『時のオカリナ』はWii UのVC版か、リメイクした3DS版のどちらかがベターでしょう。

「ゼルダ」は、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の姿で参戦するので、こちらも押さえておきたいところ。『神々のトライフォース』はスーパーファミコンソフトですが、こちらはWii UかNew 3DSのVC版、もしくは「ミニスーファミ」でもプレイできます。

トゥーンレンダリングで描かれた「トゥーンリンク」も、数多くの作品に登場していますが、その原点は『ゼルダの伝説 風のタクト』(ゲームキューブ)です。プレイする環境としては、Wii Uソフトの『ゼルダの伝説 風のタクト HD』がお勧め。ハードの入手しやすさもありますが、グラフィックの向上などの進化も見逃せません。

ちょっと方向性を変えるならば、スイッチソフト『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX』もあります。上記のキャラが全員登場していますし、ガノンドロフを操作できるのも他にはない魅力です。


■メトロイド
・サムス
・ゼロスーツサムス
・ダークサムス
・リドリー

シリーズ1作目の『メトロイド』はファミコン(ディスクシステム)なので、オリジナル版をそのまま遊ぶのは難しいところ。3DSやWii UのVC版でプレイできるほか、「Nintendo Switch Online」のサービスを活用する手があります。また、『メトロイド』をリメイクした『メトロイド ゼロミッション』(GBA)も、Wii UのVC版が配信されているので、どちらを選ぶかは自分の好みに従いましょう。

原点以外も様々な作品があり、お勧めしたいものばかりですが、強いて挙げるならば『メトロイドII』をリメイクした3DSソフト『メトロイド サムスリターンズ』が昨年出たので、アクセスのしやすさや遊びやすさの点から見ると、こちらがひとつ飛び出ているかもしれません。ちなみに、「リドリー」とも戦えます。

こちらも高い人気を持つ『スーパーメトロイド』も、比較的アクセスしやすい作品です。オリジナル版はスーファミソフトですが、Wii UとNew 3DSのVC版が存在するほか、「ミニスーファミ」にも収録されています。

「ダークサムス」については、『メトロイドプライム』シリーズで押さえましょう。ゲームキューブやWiiなどで展開されています。ナンバリングタイトルは全てWiiで遊べるので、WiiもしくはWii Uでプレイするのがベターです。ただし、『メトロイドプライム』のナンバリングタイトルはパッケージ版のみなのでご注意を。



アクションやSTG、RPG作品からも複数ファイターが参戦。あの“スローライフ”からも!?
《臥待 弦》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top