ValveアンチチートシステムによるBANが2018年12月、過去比6倍に急上昇―『CS:GO』無料化が影響 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ValveアンチチートシステムによるBANが2018年12月、過去比6倍に急上昇―『CS:GO』無料化が影響

Steamのデータベース記録などを調べる第三者サイト「SteamDB」は、Valveが一部Steamタイトルにて導入しているアンチチートシステム「VAC」によるBANユーザーの発生数が2018年12月に急増していることを報告しました。

ゲーム文化 カルチャー
ValveアンチチートシステムによるBANが2018年12月、過去比6倍に急上昇―『CS:GO』無料化が影響
  • ValveアンチチートシステムによるBANが2018年12月、過去比6倍に急上昇―『CS:GO』無料化が影響
  • ValveアンチチートシステムによるBANが2018年12月、過去比6倍に急上昇―『CS:GO』無料化が影響
Steamのデータベース記録などを調べる第三者サイト「SteamDB」は、Valveが一部Steamタイトルにて導入しているアンチチートシステム「VAC」によるBANユーザーの発生数が2018年12月に急増していることを報告しました。

これは、前月10万3,000件に対し、60万9,000と、おおよそ6倍にもなる数字。急増の理由については明らかにされていませんが、この検出値が正しいものであるとした場合、背景には2018年12月に電撃的にバトルロイヤルモードを実装し無料化となった人気FPS『Counter-Strike: Global Offensive』の存在が挙げられます。

元々Steam上で50万人近いピークプレイヤー数を持ち、長らくトップクラスの人気を維持し続けていた同作。無料化にあたっては更に前月比3割程度ユーザー数が増加しており、74万人もの同時接続ユーザー数に達しています。

多くのゲームが直面してきたチート問題。今後『CS:GO』がどれだけのチーターの増加を防ぐことができるのか注目が集まるところです。
《Arkblade》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

  • 『Counter-Strike: Global Offensive』基本無料化でリローンチ!バトルロイヤルモードも実装に 画像 『Counter-Strike: Global Offensive』基本無料化でリローンチ!バトルロイヤルモードも実装に
  • 『CS:GO』にオフラインAI戦および試合観戦が可能な無料クライアント登場 画像 『CS:GO』にオフラインAI戦および試合観戦が可能な無料クライアント登場

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

    3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

  2. 本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

    本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

  3. アリアナ・グランデの腕に『ポケモン』イーブイのタトゥーが彫られる、ゲーム好きな一面も明らかに

    アリアナ・グランデの腕に『ポケモン』イーブイのタトゥーが彫られる、ゲーム好きな一面も明らかに

  4. 『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

  5. 『Fallout』シュガーボムモデルのT-51を象ったUSBハブが登場!これでフュージョン・コア要らず?

  6. 「Skyrim Together」クローズドβ発表―『スカイリム』協力プレイを実現するMod

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り

  8. もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

  9. たった1人で開発された高品質アクションFPS『Bright Memory - Episode 1』早期アクセス開始!

  10. 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

アクセスランキングをもっと見る

page top