『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由

毎日の食生活を支えてくれる農家の皆さんへの感謝の気持ちを、ゲームを通して育みたい……そう思ってたところ、ピッタリなゲームがありました。

家庭用ゲーム PS4
『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由
  • 『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由
  • 『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由
  • 『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由
  • 『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由
  • 『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由
  • 『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由
  • 『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由
  • 『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由

ゲーマーの皆さん、こんにちは。毎日ごはんを食べていますか?我々が日頃ニコニコ笑ってゲームをプレイできるのは、美味しいごはんあってこそです。だから、農家の方々への感謝の気持ちは常に持っておきたいものですよね!

現代、科学文明の中で生きる私達は、ついついそういう大切なことを忘れてしまいがちなのです。ゲームをプレイしながら農家への感謝の気持ちも育めたら、こんなに素晴らしいことはないのですが……。

と、そんなことを常日頃考えている皆さんに朗報です!人気農業シミュレーションゲームの最新作『ファーミングシミュレーター 19』国内PS4版が、2月7日より発売されるのです!シリーズ初体験の筆者ですが、本作を先行プレイする機会に恵まれましたので、僭越ながら『ファーミングシミュレーター 19』がハードコアゲーマーの心をくすぐる5つの理由を選ばせていただきました。シリーズ初体験プレイヤーの目線からなので、『ファーミングシミュレーター』シリーズに興味はある……けど手は出せないでいるプレイヤーの参考になればと思います!

サブクエストでもオマケでもエピローグでもない、メインイベントの「農場経営」



スマホゲームからAAAゲームまで、様々なゲームのサブイベントやオマケとして「農場経営」要素は盛り込まれがちです。「農業」はそれだけゲーマーの興味をそそるコンテンツということなのでしょう。生きていくために必須なのだから当然ですよね!『ファーミングシミュレーター 19』は農業に特化したゲームなので、他のどんなゲームより本格的な農場経営が楽しめます。そう、農場経営はそれだけでゲームになるのです!

土地を買い、建物や機材を買い揃え、土壌を耕し、肥料をまき、雑草を処理して……。作物を作るということは本当に大変です。このゲームではその大変さを、余すところなく体験できます。農耕だけではなく、畜産や林業などに手を出すことも可能。いろいろな側面から農場体験を楽しめます。



筆者としては、林業要素が非常に新鮮で面白さを感じました。操作はちょっとだけ大変なのですが、チュートリアルやヘルプが充実しているのでゆっくりと慣れていくことができます。我々が普段使っている木製のモノを見つつ、「こうやって伐採されて、作られたのだなあ……」と考えると、感謝が止まりません。こんな気持ちになれるのも『農場経営』がメイン要素である『ファーミングシミュレーター』シリーズだからこそ!

「マシンフェチ」を刺激するリアルな農機たち



急に個人的な話をしますが、私は大のSFゲームファンで、メカやロボ、かっこいい銃器なんかが大好きです。なので、普段は大戦争で崩壊したあとの世界でがんばるゲームだったり、宇宙でがんばるゲームばかりを遊んでいます。一見、牧歌的な「農業」とは正反対の趣味をしている私ですが、『ファーミングシミュレーター 19』に出てくる農業機械たちには心が踊りました。本作では、巨大な農機のメカメカしいギミックがガチャコンガチャコン合体したり変形したりする様子が事細やかに再現されており、とてもカッコいいのです。


ゲーム内で農機たちを触ってみれば、自ずと「いろんな機械に乗ってみたい」「そのためにお金を稼ぎたい」と感じることは確実。できることが山ほどあるので最初は大変かもしれませんが、やり込み好きのプレイヤーには嬉しい限りでしょう。筆者としましては、フォークリフトでの運搬業務が特に楽しかったです。一部の世代のゲーマーにとっては常識なのですが、フォークリフトで運搬ができるゲームには傑作が多いのです。

マルチプレイで挑める「農場働き方改革」



農業には時間も手間もかかります。膨大な作業を一人でやり続けるのは、ちょっと大変ですよね。でも大丈夫。『ファーミングシミュレータ 19』にはマルチプレイヤーモードも搭載されています。オンラインの友達を呼んで一緒の農場で働くことができるのです。手分けすれば、面倒な作業もなんとかやっていけますよね!


収穫するプレイヤー、そしてそれを運搬して出荷するプレイヤーに分かれたり、フォークリフトで荷物を積み込むプレイヤーとトラックで運搬するプレイヤーに分かれたり、想像力次第でいろいろなスタイルを楽しむことができます。

オンラインマルチプレイヤーのゲームというと戦ったり忙しいものが多いですが、このゲームは友人と雑談などしながらゆったりプレイできるのです。こう書くと「友達がいないと大変なのでは……?」と心配する方もおられるでしょうが、心配ご無用。シングルプレイでも、NPCを雇って作業を肩代わりしてもらえます。

神目線で自由にイジれる「地形変更」にはサンドボックス的面白さも



『ファーミングシミュレーター 19』は過去シリーズからグラフィックエンジンを刷新し、さらに「地形変更ツール」も搭載。理想の地形や巨大な造形物まで、自由に作り出すことができます。使いこなすのはちょっと大変ですが、地面の質感を変えたりなどいろいろ地形を弄り回して理想のフィールドを作れるのは嬉しいですよね!想像力次第で楽しみ方は無限大です。


地形編集の自由度はかなり高く、謎の巨大な坂道を作りだすことも容易です。少し邪道な楽しみ方ですが、ここからクルマで大ジャンプ!なんてこともできます。マルチプレイヤーでも地形編集は可能なので、友達とワイワイサンドボックス的に遊ぶのにも適しているでしょう。

意外な競技性!平成最後の「e-Sports元年」におくれを取るな



ゆったりまったり農業できる本作ですが、なんと1月下旬に海外公式e-Sportsリーグ「Farming Simulator League」が発表されました。優勝賞金は10万ユーロ、日本円にして約1200万円(本記事執筆時)です!チャレンジ精神旺盛なゲーマーなら気になるところでしょう。



とは言え、その競技内容は現段階では不明。そんなわけで、MOBAやFPS/TPS、カードゲームなどのe-Sports系タイトルも大好きな筆者は「ロボット相撲」ならぬ「農機相撲」を考案してみました。農業とはまるで無縁、やはり邪道な楽しみ方ですが……強そうな農業機械を選んで、複雑な操作をこなしつつ土俵の中でぶつかりあってみると、妙に原始的な楽しさを感じられました。


先ほど紹介した地形編集ツールと組み合わせれば、対戦ルールは無限大。農業プレイにちょっぴり疲れを感じてきたら、気分転換にいろいろな遊び方をしてみてもいいでしょう。そうこうしているうちに操縦もどんどんうまくなって、もしかしたら未来のプロプレイヤーになれるかもしれませんよ!




といったわけで、『ファーミングシミュレーター 19』は牧歌的な見た目ながらも十分にハードコアゲーマーの心をくすぐってくれる作品なのです!リアルな農業シミュレーションとしてはもちろんのこと、対戦や協力、荒唐無稽な遊び方までも楽しめるゲームである、ということが伝われば幸いです。もちろんシングルプレイでも、歯応えのあるボリューム感を体感できるでしょう。覚えることは多いかもしれませんが、初体験のプレイヤーでもチュートリアルやヘルプ機能をチェックすれば、筆者のように少しずつ慣れていけると思います。

ゲーマーのみなさんは本作を購入して、農業従事者の方々に思いを馳せてみてもバチは当たらないですよ!PS4/PS4 Proを対象とした国内版『ファーミングシミュレーター 19』は、パッケージ版/ダウンロード版ともに2月7日より発売予定です!
《文章書く彦》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 太平洋戦線描く『バトルフィールドV』チャプター5のトレイラーが近日公開! 予告映像披露

    太平洋戦線描く『バトルフィールドV』チャプター5のトレイラーが近日公開! 予告映像披露

  2. 海外プロレスゲーム最新作『WWE 2K20』発売! 中邑真輔やアスカ&カイリなど日本人選手も参戦

    海外プロレスゲーム最新作『WWE 2K20』発売! 中邑真輔やアスカ&カイリなど日本人選手も参戦

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. 『ポケモン ソード・シールド』リザードンやピカチュウ、ニャース等の姿が大きく変化!最新映像「あのポケモンたちのキョダイマックス篇」公開

  5. 発売迫る『P5R』のTVCMがお披露目! 新キャラ「芳澤かすみ」や新スポット「吉祥寺」などのシーンも収録

  6. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』原作の小ネタ&裏技は残ってるの? 気になるところを検証してみた

  7. 【特集】PS5の次の展開はどうなる?PS4の発表&発売を振り返って予想してみよう

  8. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  9. 『モンハン:アイスボーン』新登場モンスター達の“尻尾”に大注目!細部まで作り込まれた切断面をじっくり観察してみないか【特集】

  10. 『Days Gone』で知られるBend Studio、次回作のプリプロダクション計画段階に突入か

アクセスランキングをもっと見る

1
page top