『Call of Duty』2019年新作は“キャンペーンモード”復活―新たなファンにもアピールするものに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty』2019年新作は“キャンペーンモード”復活―新たなファンにもアピールするものに

Activisionは、先日行われた四半期決算発表会において、『Call of Duty』新作の情報を一部明らかにしました。

ニュース 発表
『Call of Duty』2019年新作は“キャンペーンモード”復活―新たなファンにもアピールするものに
  • 『Call of Duty』2019年新作は“キャンペーンモード”復活―新たなファンにもアピールするものに
Activisionは、先日行われた四半期決算発表会において、『Call of Duty』新作の情報を一部明らかにしました。

海外メディアPolygonDSOGamingなどによれば、2019年に発売予定の『Call of Duty』新作には「まったく新しいキャンペーン」が含まれるとのこと。他には「巨大で広大なマルチプレイヤーの世界」、「楽しいCo-opプレイ」も含むとしています。

なお、ActivisionのCFOであるDennis Durkin氏は『Call of Duty』新作について、既存ファンだけではなく新たなファンにもアピールするものであるとする一方、現時点での売上予測自体は『コール オブ デューティ ブラックオプス4』よりは落ちる旨を明らかにしました。

2019年にも発売が明らかになった『Call of Duty』。新作の開発を手掛ける予定のInfinity Wardは、『Ghosts』『Infinite Warfare』で議論を呼んだだけに、どのような作品となるのか、期待したいところですね。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版が7月18日発売―ピエール瀧演じたキャラのモデル/音声は差替え【UPDATE】

    『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版が7月18日発売―ピエール瀧演じたキャラのモデル/音声は差替え【UPDATE】

  2. マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力

    マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力

  3. M2ショットトリガー『エスプレイド』対応機種はPS4/スイッチに―秋葉原で移植版フィールドテスト実施中

    M2ショットトリガー『エスプレイド』対応機種はPS4/スイッチに―秋葉原で移植版フィールドテスト実施中

  4. SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

  5. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション ファントムサイト」新オペレーターの詳細が国内向けに発表!

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 「ドクター・フー」VRゲーム『Doctor Who: The Edge Of Time』発表―あの"嘆きの天使"も…?

  8. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  9. 『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明

  10. 『レインボーシックス シージ』Y4S2でGlazが弱体化―展開シールドなど調整の一部を公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top