NTT東日本がe-Sportsへ参画―ICTソリューション提供やイベント運営受託など展開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

NTT東日本がe-Sportsへ参画―ICTソリューション提供やイベント運営受託など展開

NTT東日本はe-Sports分野における事業を展開すると発表しました。その第一歩として、3月21日に開催される「ストリートファイターリーグpowered by RAGE」グランドファイナル大会に、ICTサプライヤとして参画します。

ニュース 発表
NTT東日本がe-Sportsへ参画─ICTソリューションの提供やイベント運営の受託などを展開
  • NTT東日本がe-Sportsへ参画─ICTソリューションの提供やイベント運営の受託などを展開
NTT東日本はe-Sports分野における事業を展開すると発表しました。その第一歩として、3月21日に開催される「ストリートファイターリーグpowered by RAGE」グランドファイナル大会に、ICTサプライヤとして参画します。

【以下、リリースより引用】
東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)は、e-Sports分野における事業展開を開始し、e-Sportsを通じた地域活性化を推進して参ります。

具体的には、高品質で安定した通信ネットワーク、東日本エリア全域に保有する通信ビルのスペース等を活用し、「e-Sportsイベントや関連施設へのICT環境の提供」や「e-Sportsイベント受託」等に取り組みます。

第一歩として、株式会社カプコンが、3月21日(木・祝)に秋葉原で開催する、国内最大級の大会「ストリートファイターリーグpowered by RAGE」グランドファイナル大会(以下、グランドファイナル大会)に、ICTサプライヤとして参画します。

グランドファイナル大会では、弊社の閉域網とパブリッククラウドを活用し、宮城のパブリックビューイング会場へ模様を配信するほか、来場者向けに会場間を繋いだe-Sports対戦環境を構築します。閉域網とパブリッククラウドの接続には、弊社が提供する「クラウドゲートウェイ アプリパッケージ」を活用し、安定かつ低遅延の映像配信を実現します。

1.本取り組みの背景


近年、e-Sports市場は急速な拡大傾向にあり、世界のe-Sports市場規模は、2017年に700億円を突破、2021年には1,700億円を超えるという予測もあります。国内でも、2019年開催の茨城国体で文化プログラムに採用されるほか、経済効果や集客拡大等による地域活性化を期待し、自治体さま等がe-Sportsの誘致を検討する動きも出始めています。

e-Sportsイベント開催には、映像配信システムや大会会場をはじめ、ハード面の環境構築が不可欠ですが、e-Sportsを地域活性化に活用したい自治体さま等では、それらの準備に関するノウハウが少なく、開催の障壁となるケースもあります。

NTT東日本は、高品質で安定した通信ネットワークや東日本エリア全域に保有する通信ビルのスペース等を活用し、e-Sportsイベントや関連施設へのICT環境の提供、e-Sportsイベント受託事業等に取り組み、e-Sportsを通じた地域活性化を推進して参ります。

2.展開する事業について


<e-Sportsイベントや関連施設へのICTソリューションの提供>
e-Sportsイベント会場やゲームセンター等の商業施設へ、高速低遅延の通信ネットワークや映像配信システムをはじめとする、弊社のICTソリューションを提供します。また、弊社サービスに留まらず、アクセラレータープログラムにて連携している企業のサービスも合わせて提供するなど、最新の技術でe-Sportsを支えます。

<e-Sportsイベント受託>
事業者さまや自治体さまが、e-Sportsイベントを円滑に開催できるよう、イベント企画運営の支援等を行います。さらに、高速低遅延の通信ネットワークや必要機材のパッケージを提供するほか、通信ビルのスペースをイベント会場として提供します。

3.グランドファイナル大会におけるNTT東日本の取り組み


グランドファイナル大会当日は、NTT東日本青葉通ビル(宮城県仙台市)1階にパブリックビューイング会場を開設し、大会の模様をリアルタイムに映像配信します。対戦の様子だけではなく、会場の盛り上がり状況も「ギガらくカメラ」で撮影、配信することで、会場全体の熱気を届けます。また、秋葉原と宮城の両会場間で、来場者が空き時間にe-Sportsのオンライン対戦を体験していただける環境を構築します。

映像配信には、弊社の閉域ネットワークとパブリッククラウドを経由しますが、その接続には弊社が提供する「クラウドゲートウェイ アプリパッケージ」を活用することで、安定かつ低遅延の映像配信を実現します。

この他、秋葉原会場には、来場者がスマートフォンで大会情報に簡単にアクセスできる「スマートプレート」や、サイネージやスマートフォンへ、トイレの空満情報を配信する「THRONE」など、最新のICTソリューションを提供することで、快適な観戦環境を提供します。

<大会へのICTソリューションの提供イメージ>


「ストリートファイターリーグpowered by RAGE」グランドファイナルの概要


カプコンの格闘ゲーム「ストリートファイターV アーケードエディション」の大会で、2019年2月より、10回に渡り開催されてきた「ストリートファイターリーグpowered by RAGE」を勝ち抜いた、上位3チームによる優勝決定戦となります。

<概要>
・名称:カプコン「ストリートファイターリーグpowered by RAGE」
    グランドファイナル 特別協賛NTT東日本
・日時:2019年3月21日(木・祝)13時開場 13時30分開演 19時終了予定
・本会場:アキバ・スクエア 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
     秋葉原UDX 2F
・パブリックビューイング会場:NTT東日本青葉通ビル1F特設会場
               宮城県仙台市青葉区一番町2-8-25
・カプコン「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」公式HP:https://streetfighterleague.capcom-s.com/

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

NTT東日本がe-Sportsへ参画─ICTソリューションの提供やイベント運営の受託などを展開

《ニュー侍》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 新たなバンドル月額サービス「Humble Choice」が発表―「Humble Monthly」から改定へ

    新たなバンドル月額サービス「Humble Choice」が発表―「Humble Monthly」から改定へ

  2. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

    『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  5. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  6. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  7. 『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

  8. 【漫画じゃんげま】202.「メガネモデル」の巻

  9. 机の上に小さな工場を建設する『Little Big Workshop』発表! 色々な製品を製造して出荷しよう

  10. 『LoL』のライアットゲームズが新作FPS「Project A」を開発中!【LoL10周年感謝祭】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top