SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

先日、複数のメディアより報じられたPS4向けゲームの性表現について、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の広報担当者は否定しました。

ゲーム文化 カルチャー
SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも
  • SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも
  • SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも
先日、複数のメディアよりPlayStation 4向けゲームの性表現について規制が設けられたとの報道がありましたが、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の広報担当者はGame*Sparkの取材に対し、これを否定しました。

まず"内部で性表現規制についての規定が新たに設けられた"ことについて、SIEは「新しいルールは導入しておりません。」とコメント。同社では、クリエイターの発想を尊重しつつ、非常に稀ではあるが過度に性的でゲームを楽しむ方にとって不快と思われるコンテンツを、ケースバイケースで役員が確認するポリシーを持っているとのこと。一方で、SIEを含むゲーム業界はペアレンタルコントロール機能を導入し、各地域の年齢別レーティング制度(CERO/ESRB/PEGI)を遵守したうえで、各タイトルの対象年齢に関する情報を提供している、としました。

また、性表現に対するSIEの方向性が"CEROやESRBなどのレーティング基準に関係のない独自のものか"については、「日本においては、CEROの基準で統一していましたが、タイトルの性的表現等については、より、グローバル基準を参考にし改めて取り組むようにしております。」と回答しています。

つまり、SIEは性表現があるゲームを全部まとめて規制しているわけではなく、過度に性的なコンテンツがある場合は役員が確認することになります。 ただし、日本においては従来のCERO基準ではなく、一般に性的コンテンツに厳しいとされるグローバル基準に沿うよう取り組むようになったということです。

なお、SIEは最後に「我々は常にプレイステーションを最高の、すべてのゲーマーを迎え入れる遊び場にしてまいります。」と締めくくっています。ゲーム業界の中で永遠の命題とも呼べるかもしれない「性」にまつわる議論ですが、今後の動向にも注目です。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「何でチートするの?」ストリーマーShroudが『Apex Legends』チーターへのコンタクトに成功

    「何でチートするの?」ストリーマーShroudが『Apex Legends』チーターへのコンタクトに成功

  2. PvPvEのアクションルーターシューター『XERA: Survival』が近日Steam早期アクセス開始!

    PvPvEのアクションルーターシューター『XERA: Survival』が近日Steam早期アクセス開始!

  3. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

    白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  4. Tfueが所属チームFaZeを訴える―劣悪な労働契約を主張もチーム側は全面否定

  5. DLC4弾のストーリー概要も明かされた「ACECOMBAT 極上爆音 FAN MEETING」…「映画にしたほうがいいのでは」発言には拍手喝采!

  6. 『デビル メイ クライ 5』伝説の悪魔狩人「ダンテ」アクションフィギュアが予約開始

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 『The Elder Scrolls』の卓上ゲーム『The Elder Scrolls: Call to Arms』が発表!

  9. THQ NordicがE3 2019で2本の新作ゲームを発表予定―「待望の帰還」と「新しいビジョン」

  10. どうしても「3」がわからないゲイブの録音風景描く『Dota 2』メガキルアナウンス映像―「2より大きく4より小さい」

アクセスランキングをもっと見る

1
page top