EA、PS4向け「EA Access」を日本でも7月にサービス開始―年額3,002円でEAの名作が遊び放題に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EA、PS4向け「EA Access」を日本でも7月にサービス開始―年額3,002円でEAの名作が遊び放題に

Electronic Artsは、PS4向け「EA Access」を日本でも7月よりサービスを開始することを発表しました。

家庭用ゲーム PS4
EA、PS4向け「EA Access」を日本でも7月にサービス開始―年額3,002円でEAの名作が遊び放題に
  • EA、PS4向け「EA Access」を日本でも7月にサービス開始―年額3,002円でEAの名作が遊び放題に
Electronic Artsは、先日発表されたPS4向け「EA Access」の日本向けプレスリリースを発表し、日本でも7月よりサービスを開始することを明らかにしました。

EAの成長戦略副社長であるMatt Bilbey氏は、「当社はデジタルおよびサブスクリプションサービスに継続して投資しています。コンソール機を通じて多くの方にゲームをお届けすることは、すべての人にとってエキサイティングな機会となるでしょう。当社の目標は、プレイヤーがどこにいても当社のゲームを試したり、遊んだりすることができるようにすることです。当社のサービスをPlayStation 4に提供できることをうれしく思います」と語っています。

料金は年額であれば、Xbox One向けサービスと同価格の月額564円/年額3,002円。入会すると新作ゲームの先行トライアル(最大10時間)、ゲーム本編やDLCなどのデジタルコンテンツの10%ディスカウント、旧作ゲームへのフリーアクセスが利用できます。

EA Accessのタイトルラインナップには、『Battlefield』『EA SPORTS FIFA』『Star Wars Battlefront』などのフランチャイズ作品が含まれています。
《岩井省吾》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモン ソード・シールド』リザードンやピカチュウ、ニャース等の姿が大きく変化!最新映像「あのポケモンたちのキョダイマックス篇」公開

    『ポケモン ソード・シールド』リザードンやピカチュウ、ニャース等の姿が大きく変化!最新映像「あのポケモンたちのキョダイマックス篇」公開

  2. 超能力シューター『CONTROL』フォトモードが現地時間10月16日に追加―カメラ操作やフィルター処理も可能

    超能力シューター『CONTROL』フォトモードが現地時間10月16日に追加―カメラ操作やフィルター処理も可能

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. 『オーバーウォッチ』「ハロウィン・テラー2019」開幕―「ジャンケンシュタインの復讐」、ウィークリー・チャレンジも

  5. 『あつまれ どうぶつの森』の世界観を満喫!「たぬき開発」による無人島移住パッケージ説明会に参加してきた【Nintendo Live 2019】

  6. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  7. 『ディビジョン2』10月のTU6に関する情報が続々公開、アイテムドロップの新仕様やPvP新モードなど

  8. PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

  9. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信!各ハンター調整なども

  10. 『オーバーウォッチ』スイッチ版開始はまもなく!日本は10月16日午前3時より

アクセスランキングをもっと見る

page top