アメリカの成人の65%がビデオゲームをプレイしていることが明らかにーESA報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アメリカの成人の65%がビデオゲームをプレイしていることが明らかにーESA報告

The Entertainment Software Association(ESA)は、コンピュータとビデオゲーム産業に関する新しい調査結果を報告しました。

ニュース 発表
アメリカの成人の65%がビデオゲームをプレイしていることが明らかにーESA報告
  • アメリカの成人の65%がビデオゲームをプレイしていることが明らかにーESA報告
  • アメリカの成人の65%がビデオゲームをプレイしていることが明らかにーESA報告

The Entertainment Software Association(ESA)は、コンピュータとビデオゲーム産業に関する新しい調査結果を報告しました。

この調査に報告よると、米国では1億6,400万人を超える成人がビデオゲームをプレイしているとのこと。また、調査内でのプレイヤーのうち52%の人が大学教育を受けており、56%の人が絵を描いたり歌ったりといったクリエイティブな趣味を持っているといいます。この他にも、以下のような結果が報告されています。

  • ビデオゲームのプレイヤーは、平日の夜に平均して7時間の睡眠をとるといった健康的なライフスタイルを追求する傾向が高く、32%が定期的に瞑想している。
  • 親の90%は子供が遊ぶゲームに注意を払っており、親の57%は少なくとも毎週子供とゲームを楽しんでいる。
  • 親の74%が、ビデオゲームは自分の子供の教育になると考えている。
  • 親の84%がビデオゲームのレーティングを知っている。
  • 女性はゲームプレイヤーの46%を占めている。

この調査結果を受け、ESAのStanley Pierre-Louis氏は「これはテレビゲームの黄金時代です。彼らはアメリカ文化における娯楽の主要形式を持つ人々です。相互に結びついた経験や関係を強化し、人間と技術の接点を再定義します」と述べました。また、「アメリカ人は、楽しみ、ストレスを解消し、学び、家族との時間を過ごすためにテレビゲームをします。この革新的なエンターテインメントは、社会のあらゆる部分に影響を与え、私たちの遊び、仕事、生活を向上させます」と語っています。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版が7月18日発売―ピエール瀧演じたキャラのモデル/音声は差替え【UPDATE】

    『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版が7月18日発売―ピエール瀧演じたキャラのモデル/音声は差替え【UPDATE】

  2. ローグライクACT『RAD』海外発売日が8月20日に決定―様々な変異を武器に終末世界で暴れまくれ

    ローグライクACT『RAD』海外発売日が8月20日に決定―様々な変異を武器に終末世界で暴れまくれ

  3. マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力

    マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力

  4. SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

  5. M2ショットトリガー『エスプレイド』対応機種はPS4/スイッチに―秋葉原で移植版フィールドテスト実施中

  6. 「ドクター・フー」VRゲーム『Doctor Who: The Edge Of Time』発表―あの"嘆きの天使"も…?

  7. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション ファントムサイト」新オペレーターの詳細が国内向けに発表!

  8. 『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明

  9. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  10. ソニーとマイクロソフトが戦略提携、ゲームストリーミングサービスで協力【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top