かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】

ユービーアイソフトは、オープンワールドミリタリーシューター『ゴーストリコン ブレイクポイント』の国内向け発売日が2019年10月4日に決定したことを発表しました。

ニュース 発表
かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】
  • かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】
  • かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】
  • かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】
  • かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】
  • かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】
  • かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】
  • かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】
  • かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】

ユービーアイソフトは、オープンワールドミリタリーシューター『ゴーストリコン ブレイクポイント』の国内向け発売日が2019年10月4日に決定したことを発表しました。

『ゴーストリコン ブレイクポイント』は、通常版、ゴールドエディション、アルティメットエディション、コレクターズエディションの4種類で発売。このうち、通常版以外の3バージョンは10月1日よりプレイ可能となるので、いち早く本作を楽しめます。



また、本日5月10日よりPS4版(デジタル版)の予約が開始。先着予約特典として、ベータアクセス権とLANDSCAPE MK.2 DIGITAL(ビークル)、SENTINEL MK.2 HEAVYセット、「VALOR」アサルトライフルがセットになった「センティネルコープパック」が付与されます。PCデジタルおよびXbox Oneデジタル版は順次予約を開始するとのことです。


ゲーム概要



シリーズ最新作となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』では、プレイヤーは敵地で孤立した、アメリカ軍の精鋭特殊部隊“ゴースト”の一員となります。

本作ではこれまでと違いミッション前のブリーフィングが存在しません。状況は突然発生するのです。


先進テクノロジー企業スケルテックの本拠地アウロア群島との連絡が途絶えた。その調査へと向かった主人公と仲間たちであったが、アウロアに上陸しようとした時に、乗っていたヘリコプターが撃墜されてしまう。スケルテックは、乗っ取られていたのだ。今アウロアを力で支配するのは、アメリカを裏切った軍人たちの部隊ウルブズ。それを率いるのは、主人公のかつての戦友コール・D・ウォーカー大佐だった。彼らはスケルテックのドローンを殺戮マシンへと改造し、それを使ったある計画を実行しようとしていた。何を犠牲にしてでも…

『ゴーストリコン ブレイクポイント』は、ミステリアスで広大なオープンワールドを舞台に敵と戦う、ミリタリーシューターです。全編を通して1人ではもちろんオンラインでの最大4人協力プレイを楽しめます。負傷し、援軍も望めない中、主人公は、元ゴーストたちに追い詰められながらも、アウロアをさまよい生き残るために戦わなければなりません。状況に合わせた適切な戦略を立て、最強の敵に打ち勝つ方法を見つけ出すのです。

ゲームの特徴
―ミステリアスで広大なアウロア群島を探索

舞台となるのは、シリコンバレーの巨大テクノロジー企業スケルテックの本拠地アウロア。整備された道やオフロードを駆け巡り、陸空海からこの島を探索しよう。アウロアには、断崖絶壁のフィヨルド、雪をかぶった山々、深い沼地といった荒々しい大自然から、最先端技術で建てられた建造物に至るまで様々な景色があふれている。さらにスケルテック、ホームステッダー、アウトキャストなど、ゴーストの作戦に影響を及ぼす様々な勢力も登場。スケルテックのCEOであるジェイス・スケルに何があったのか? 陰で糸を引いている黒幕の正体は? 真実を解き明かし、陰謀を暴け!

―かつての戦友を討て

対峙する敵は、アメリカを裏切った軍人たちの部隊ウルブズ。残虐な殺戮マシンで武装した彼らは、元々主人公と同じ立場にあった者たちであり、主人公と同じ訓練を受け、同じ経験を積んでいる。ウルブズは、かつての戦友コール・D・ウォーカー大佐の指揮の下、アウロアを支配し、この島の最も重要なリソースであるドローンを手中に収めている。主人公は、過去のチームメイトと敵対しなければならないのだ。

―敵地で孤立したゴーストとして生き残れ

サバイバルスキルを駆使して、アウロアの多種多様な地形に適応しよう。険しい斜面、度重なる負傷、そして疲労との戦い、新しい挑戦がプレイヤーを待ち受けている。チームメイトとキャンプを設営したり、野営地で装備、クラス、武器を管理したり、戦略を整えたりしよう。戦闘で負傷した場合は、安全な場所まで移動し、自ら傷を治療しなければならない。また、チームメイトがやられた場合も、傷を処置する前に安全地帯まで運ぶ必要がある。さらに新ツールとして、ソロプレイでも複数のターゲットへのシンクショットが可能になる小型ドローンなども登場する。

―ゴーストをカスタマイズして自由なスタイルで戦え

カスタマイズは何千通りもの組み合わせが可能。キャラクターをカスタマイズして、自分だけの完璧なゴーストを作ろう。各地に散らばる素材を集め、様々なアタッチメントを使用して武器を作成&アップグレードしよう。さらに自分のプレイスタイルやシチュエーションに合わせて、ゴーストの装備をカスタマイズすることも可能。新たに登場するクラスシステムを使いこなして、様々なやり方で敵を倒そう。アサルトクラスではアグレッシブなスタイルで攻撃が可能になる。そしてスナイパークラスなら特殊な弾薬を使用して長距離から正確に狙いを定められる。さらにステルスが得意なパンサークラスなら、攻撃後に発煙筒を使用して敵から逃げることも可能だ。「ゴーストリコン ブレイクポイント」の楽しみ方は、プレイヤー次第なのである。

―共通の進行状況システムと豊富なエンドゲームコンテンツでフレンドと盛り上がろう

『ゴーストリコン ブレイクポイント』では、どのようなプレイスタイルでも同じキャラクター(カスタマイズ、スキル、武器がいつでも共通)でプレイすることとなり、プレイヤーの進行状況は、PvEとPvP間で共通のものとなります。真のソーシャル体験となる「ゴーストリコン ブレイクポイント」では、ソーシャルハブでフレンドを見つけて、一緒にキャンペーンモードをプレイする、あるいはPvPアリーナに参加して4v4の激しいマッチを繰り広げることが可能です。また、本作は、発売後も定期的なアップデートが行われ、何年にもわたりサポートが続きます。追加エピソードで物語のその後が展開し、新機能も継続的に追加され、プレイヤーは、新しいクラスやゲームプレイだけでなく、イベントや新タイプのエンドゲームコンテンツ「レイド」にもアクセスできます。

かつての戦友コール・D・ウォーカー大佐を演じるのはハリウッド俳優のジョン・バーンサルです。彼は様々な役で人々を魅了してきました。近年ではNetflixシリーズの「Marvel パニッシャー」ではフランク・キャッスル/パニッシャー役で出演しており、今年の1月には「Marvel パニッシャー」の第2シーズンの配信も開始されました。映画では「ボーダーライン」や「フューリー」に出演し、さらにテレビシリーズ「ウォーキング・デッド」ではシェーン・ウォルシュ役を演じました。




『ゴーストリコン ブレイクポイント』はPS4/Xbox One/PCを対象に2019年10月4日発売予定。価格は、通常版が8,400円、ゴールドエディションが12,000円、アルティメットエディションが14,400円、コレクターズエディションが20,000円(いずれも税抜)です。

※通常、アルティメット/コレクターズエディションのパッケージ版はPS4版のみ。コレクターズエディションはパッケージ版のみ。

※UPDATE(5/10 15:05):※ウォーカーの中佐/大佐表記が混在しておりましたが、ユービーアイソフトに問い合わせたところ確認できましたので、すべて大佐に差し替えました。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

    『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  2. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

    Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  3. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

    『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  4. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  5. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  6. 「BitSummit 7 Spirits」BitSummitアワードのノミネート作品を公開―来場者が投票できるアワードも

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  9. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  10. 『FFXIV』新拡張「漆黒のヴィランズ」7月2日発売決定!新ジョブ「ガンブレイカー」やヴィエラ族、ダンジョンなどが追加

アクセスランキングをもっと見る

1
page top