冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ

2019年5月10日に発売された、シミュレーションRPG『Swag and Sorcery』のプレイレポートをお届けします。

PC Windows
冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ
  • 冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ
  • 冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ
  • 冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ
  • 冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ
  • 冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ
  • 冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ
  • 冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ
  • 冒険者派遣RPG『Swag and Sorcery』プレイレポ!冒険野郎たちが集まる最強の村を目指せ

闇の牧場物語とも呼ばれる墓守RPG『Graveyard Keeper』を手掛けた、Lazy Bear Gamesの新作タイトル『Swag and Sorcery』が、PC向けでSteamより発売されました。本稿では、そんな本作のゲームシステムやプレイフィールをご紹介したいと思います。


『Swag and Sorcery』は、村を発展させて各地に冒険者を送り、王家に伝わる失われたスーツを探し求めるシミュレーションRPGです。ゲーム開始直後の村は殺風景ですが、ゲームを進めていくうちに鍛冶屋や研究所、図書館など様々な施設が建設可能になります。建設した施設は、アイテム・装備品の開発、冒険者たちの強化などに使用できます。


ダンジョンに派遣する冒険者は、ギルドから雇用できます。雇用できる冒険者の性別や容姿、能力などは選べず、出てくるキャラクターは完全なランダム。自分の思い通りのパーティーを組むのは難しくなっています。

ステータスにも違いがあり、それぞれ前衛向き、後衛向きといったタイプが存在するので、雇用したらいったんステータスを確認して、装備を見繕うなどした方がいいでしょう。個人的には、少なくとも能力の傾向程度は選択できるようにしてもらいたかったと感じました。


冒険者を雇用したら、各地のダンジョンに派遣できます。ダンジョン内では規定回数、採取や戦闘を完了するとクリアです。行動はすべて自動で行われるため、プレイヤーができる操作は、画面左端の白旗のボタンを押して強制撤退させることと、マナ(右上の青い数字が残量)を使用して攻撃や回復魔法を使用することのみとなります。

なお、戦闘や採取などで、生産や強化に使える様々な素材を入手できますが、パーティーが全滅するとすべてロストしてしまうため、強制撤退のタイミングは重要。せっかく素材をたくさん入手したのに全滅しては元も子もないので、少しでも厳しい展開になったら撤退することをオススメします。よほどレベルに余裕がない限りは、派遣してもこまめに戦況をチェックする必要があるでしょう。

こうした点を煩わしいと思うプレイヤーもいるでしょうが、逆に「プレイヤーの介入する余地がある」とポジティブに考えることもできると思います。ですが、やはり一般的なRPGと比べると、戦闘の楽しさが薄いかなという印象を受けます。



冒険者の派遣は、厩舎から目的地を指定することで可能。ゲームを進めれば、最大三か所まで同時に派遣できます。探索を一回成功させるごとに、そのダンジョンの探索ゲージが数%ずつ上昇し(パーティーが全滅したり撤退すると減少)、ゲージが100%になれば、各ダンジョンのボスに挑戦することができるようになります。

ボスはいずれも強敵揃いですが、敗北しても通常の全滅と同じくゲージが減少するだけなので、諦めずに挑戦し続けることができます。冒険者がロストしたりお金や所持アイテムが減るということもなく、負けることへのペナルティがほとんどないという点はありがたいと思えます。


プレイヤーは基本的にパーティーの操作ができませんが、回復や攻撃魔法で援護することは可能。

1パーティーには最大で3人まで編成ができます。前衛は近接攻撃が可能ですが、後衛は武器が届かないので、クロスボウやマスケット銃のほか、杖による魔法など遠距離攻撃でしか戦闘に参加できません。前衛が倒されると後衛が前進して、近接攻撃ができるようになりますが、パーティーが減っている時点でかなり不利なので、後衛にはおとなしく遠距離武器を持たせた方がよさそうです。

なお、冒険者には回復ポーションを持たせることができますが、こちらの使用タイミングもキャラクター任せ。体力が一定量以下になると自動的に使うのですが、状況を一切考えずに使用するので、回復が間に合わず倒されたり、逆に回復せずとも大丈夫なタイミングで使用してしまったりと、かなりもどかしい状況が多発しました。回復タイミングも設定できれば良かったのですが……。



ゲームは画面左上に表示されるストーリークエストをクリアしていくことで進行。特に序盤は、チュートリアルも兼ねているため簡単にクリアできるものが多く、お金を稼ぐ手段に乏しいゲーム開始直後は貴重な収入源になります。なお、クリアせずともゲーム内容に制限がかかるようなことはないので、煩わしいと思ったら放っておいても問題ありません。

ストーリークエストのほかにサブクエストも発生。内容は指定された敵を規定数倒したり、特定のアイテムを納品したりなど様々で、装備や生産品のレシピなどが報酬としてもらえることもあります。ですが、敵やアイテムの出現率はランダムなため、クエストで指定されたものが出てこないことも多く、筆者がプレイ中にも、なかなかクリアできないという事態がよく発生しました。


アイテムや装備品の生産は、品目や生産量によって、数秒から1分前後の実時間がかかります。

回復ポーションは研究所で生産します。

村に建設した施設では、ダンジョンで採集した素材を加工してアイテムや、武器・防具といった装備品を生産できます。それぞれの施設で加工できる素材や生産アイテムに違いがあり、また施設自体をアップグレードすることで、さらに生産品を増やすことが可能。商店などは存在しないため、装備品や回復アイテムなど、必要なものはすべてこれら施設で生産することになります。つまり、村を発展させることがそのまま冒険者たちの強化につながるということです。

戦闘時にできることが少ない本作において、装備を整えることは直接プレイヤーが影響を与えられる大事な要素です。戦う前から勝敗が決まっているといった状況も多く、戦略シミュレーション的な側面も強い作品だと思います。


本作でのレベルアップは、村内のトレーニングキャンプで、お金を消費して訓練することで行われます。戦闘を重ねて、経験値を貯めていく方式ではないので注意。防具や武器は、レベルやパラメータで装備に制限がかかっているので、積極的に訓練する必要があるでしょう。なお、お金はダンジョン探索によるドロップや、装備品の売却、後述のファッションコンテストの入賞などによって稼ぐことができます。




また、不定期にファッションコンテストが開催されることがあります。コンテストに寄付すると冒険者を出場させることが可能で、入賞すれば素材やお金、村の評判を得ることができます。コンテストごとにトレンドカラーが設定されており、これが装備の色と合っていれば得点が高くなるほか、装備ごとに設定されたファッションスタイルも得点に影響を及ぼすようです。

村の評判が上がっても具体的なメリットはあまりなく、現状では素材やお金稼ぎ以上の意味を持っていません。しかし、派遣とアイテム生産の反復になりがちな本作において新鮮な要素であるのも事実であり、個人的には良いアクセントになっていると思います。また、ただ強い装備だけではなく、コンテスト用の装備を作るという楽しみも生まれています。



アイテム生産に実時間がかかったり、ダンジョン探索はほぼ見てるだけであったりと、いわゆる「放置系」の色が強めな本作。コツコツと素材を集めていけば着実に強さを実感できる作りとなっているうえ、ゲーム展開もゆったりして忙しくないので、カジュアルなスマホゲームのような感覚でプレイできそうです。また、ピクセルアートはクオリティが高く、平時の村をうろつく村人たちの挙動を見ているだけでも楽しいです。

しかし、戦闘はほったらかすと事故が起こることも多々あり、完全な放置系とは言いづらい面があります。また、アイテム生産やダンジョン探索の速度アップといった機能もないため、ゲームに慣れて反復作業が多くなる中盤以降は、少しテンポが悪く感じることも。今後のアップデートによる改善を期待したいところです。




『Swag and Sorcery』は、PC向けにSteamで発売中。通常価格1,300円のところ、2019年5月17日まで975円で販売中です。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ブロック工作サンドボックス『Trailmakers』正式リリース!自由な発想で陸海空を遊び尽くす

    ブロック工作サンドボックス『Trailmakers』正式リリース!自由な発想で陸海空を遊び尽くす

  2. ダッシュモーションがより自然に!『ゴーストリコン ブレイクポイント』クローズドベータからの改善点が公開

    ダッシュモーションがより自然に!『ゴーストリコン ブレイクポイント』クローズドベータからの改善点が公開

  3. SFMMOアリーナシューター『PlanetSide Arena』基本無料で早期アクセス開始!日本語にも対応

    SFMMOアリーナシューター『PlanetSide Arena』基本無料で早期アクセス開始!日本語にも対応

  4. PC版『バットマン』6作品がEpic Gamesストアにて期間限定無料配信!次回は『Everything』『Metro 2033 Redux』

  5. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  6. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

  7. Epic、PC版『ボーダーランズ3』進行データ消失不具合のホットフィックス配信―消失したデータの復旧は不可能

  8. Lab Zero新作、日本風キャラのなめらかARPG『Indivisible』発売日決定!予約も開始に

  9. ボクセルベースのアクションRPG『Cube World』ローンチトレイラー公開

  10. Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

アクセスランキングをもっと見る

page top