海外レビューハイスコア『RAGE 2』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『RAGE 2』

PS4/Xbox One/PCを対象に6月6日(海外は5月14日)発売の『RAGE 2』のMetacritic海外レビューをお届けします。

連載・特集 海外レビュー
海外レビューハイスコア『RAGE 2』
  • 海外レビューハイスコア『RAGE 2』
  • 海外レビューハイスコア『RAGE 2』
  • 海外レビューハイスコア『RAGE 2』
!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。


Jeuxvideo.com: 85/100(PC)
JeuxActu: 80/100(PS4)
『RAGE 2』は、おそらく2015年の『マッドマックス』以来、Avalancheによる最高傑作の一つだろう。ウェイストランドはたくさんのコンテンツに溢れているし、何もかもが楽しい。id SoftwareによるFPSへの貢献と、ベセスダ独特のユーモア(と面白いチート)のおかげだ。

IGN: 80/100(PC)
Destructoid: 80/100(PC)
Worth Playing: 75/100(PC)
『RAGE 2』には多くのイライラする要素がありながらも、魅力的なゲームだ。オープンワールドはやれることがぎっしりと詰まっているが、歩き回りたい人よりも、乗り物によって旅したい人向けに作られている。シューティングも、ヒットした時のフィードバックがミュートされている、もしくは無いと気付くまではよく出来ているように感じるし、近接戦闘の強さと有効距離は痛々しい。アップグレードやパークスのために様々な通貨が必要になるのは面倒くさいが、楽しいゲームの時間をめちゃくちゃにするバグと比べればそれほど酷くない。もしこのバグがパッチで修正されれば、一作目を超えるほどの大躍進を遂げるだろう。しかし、それでもなおid Softwareの多くの名作に加わることができない。今のところ、『RAGE 2』は、フルプライスではなく、セールになれば遊んでみる価値があるだろう。

Gamers Heroes: 70/100(PS4)
Attack of the Fanboy: 70/100(Xbox One)
PCGamesN: 70/100(PC)
id SoftwareとAvalancheによるFPSは、退屈なオープンワールドと薄っぺらいストーリーによって、つまらないものとなっている。しかしゾッとするような臓物の旋風によって、おそらく、気にならないだろう。

GameSpot: 60/100(PC)
Gamer.no: 50/100(PC)
『RAGE 2』のシューティングは素晴らしいものの、他のあらゆる箇所にある欠点を補えてはいない。ウェイストランドで楽しいものがあっても、数時間と経たず、これ以上プレイを続けたくなくなってしまう。そして、パッとしないストーリー、底が浅いキャラクター、繰り返しばかりのミッションシステムと、本作がいかに退屈な体験かを明らかにしてしまうのだ。




PS4/Xbox One/PCを対象に6月6日(海外は5月14日)発売の『RAGE 2』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、PS4版が76点(総レビュー数4件)、Xbox One版が判定不可(総レビュー数1件)、PC版が73点(総レビュー数21件)をマークしています。

『RAGE 2』は、社会や法、秩序さえも存在しないディストピアが舞台のオープンワールドシューター。クレイジーな武器・乗り物などが多数登場します。メディアレビューでは、id Softwareが担当したシューティング部分への賞賛の声が多いものの、オープンワールドの出来には賛否両論あり、バグなども報告されています。



『RAGE 2』は、PS4/Xbox One/PCを対象に6月6日国内発売予定です。
《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top