見下ろし視点のレーシング『art of rally』発表―ラリーシーンの黄金期を50ステージ、70年代前後の30車種超で体験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

見下ろし視点のレーシング『art of rally』発表―ラリーシーンの黄金期を50ステージ、70年代前後の30車種超で体験

インディーデベロッパーのFunselektor Labsは、新作レーシングゲーム『art of rally』を発表しました。併せて告知トレイラーを公開しています。

ニュース 発表
見下ろし視点のレーシング『art of rally』発表―ラリーシーンの黄金期を50ステージ、70年代前後の30車種超で体験
  • 見下ろし視点のレーシング『art of rally』発表―ラリーシーンの黄金期を50ステージ、70年代前後の30車種超で体験
  • 見下ろし視点のレーシング『art of rally』発表―ラリーシーンの黄金期を50ステージ、70年代前後の30車種超で体験
  • 見下ろし視点のレーシング『art of rally』発表―ラリーシーンの黄金期を50ステージ、70年代前後の30車種超で体験
  • 見下ろし視点のレーシング『art of rally』発表―ラリーシーンの黄金期を50ステージ、70年代前後の30車種超で体験
  • 見下ろし視点のレーシング『art of rally』発表―ラリーシーンの黄金期を50ステージ、70年代前後の30車種超で体験
  • 見下ろし視点のレーシング『art of rally』発表―ラリーシーンの黄金期を50ステージ、70年代前後の30車種超で体験

インディーデベロッパーのFunselektor Labsは、新作レーシングゲーム『art of rally』を発表しました。併せて告知トレイラーを公開しています。





本作は2015年にPC向けに発売され、その後海外PS4/Xbox One/iOS/Androidでも発売されたレーシングゲーム『Absolute Drift』の開発者による新作です。前作同様の見下ろし型視点により、フィンランド、サルディーニャ、ノルウェー、日本、ドイツといった50ステージを舞台に、60年代から80年代を象徴した30種以上のラリーカーでの走行が可能。

キャリアモードではラリーシーンの黄金期のような体験ができる他、ステージ間で車体を修理する要素も存在。その他リーダーボードに対応したデイリー/ウィークリーチャレンジも用意されます。


前作より更に操作性を向上させ、初心者向けのアシストモードも搭載する『art of rally』は、PC/Mac/Linuxを対象とし、2019年にSteamで発売予定。今夏にクローズドベータの実施が予定されており、公式Discordにて告知がされるとのことです。

《technocchi》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

    『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  2. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

    Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  3. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

    『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  4. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  5. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  6. 「BitSummit 7 Spirits」BitSummitアワードのノミネート作品を公開―来場者が投票できるアワードも

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  9. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  10. 『FFXIV』新拡張「漆黒のヴィランズ」7月2日発売決定!新ジョブ「ガンブレイカー」やヴィエラ族、ダンジョンなどが追加

アクセスランキングをもっと見る

1
page top