『ダンジョンキーパー』風ダンジョン建築ストラテジー『War for the Overworld』日本語正式対応! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ダンジョンキーパー』風ダンジョン建築ストラテジー『War for the Overworld』日本語正式対応!

Brightrock Gamesは、ダンジョン建築運営ストラテジー『War for the Overworld』を日本語に正式対応したことを発表しました。

PC Windows
『ダンジョンキーパー』風ダンジョン建築ストラテジー『War for the Overworld』日本語正式対応!
  • 『ダンジョンキーパー』風ダンジョン建築ストラテジー『War for the Overworld』日本語正式対応!
  • 『ダンジョンキーパー』風ダンジョン建築ストラテジー『War for the Overworld』日本語正式対応!
  • 『ダンジョンキーパー』風ダンジョン建築ストラテジー『War for the Overworld』日本語正式対応!
  • 『ダンジョンキーパー』風ダンジョン建築ストラテジー『War for the Overworld』日本語正式対応!

Brightrock Gamesは、ダンジョン建築運営ストラテジー『War for the Overworld』が日本語に正式対応したことを発表しました。

同作は、元々かつてのエレクトロニック・アーツの名作『ダンジョンキーパー』のファンプロジェクトとしてスタートしたタイトルで、後にオリジナルへと変更された経緯を持つリアルタイム建築運営ストラテジー。開発当時に行われたKickstarterキャンペーンではピーター・モリニューのほか元ブルフロッグスタッフらからも応援コメントが届いています。また、本作のナレーションも『ダンジョンキーパー』同様、俳優のリチャード・ライディングスが担当しています。


メインのシングルプレイヤーキャンペーンでは、プレイヤーはダンジョンを支配する悪の王「アンダーロード」となり、様々な罠やモンスターで溢れたダンジョンを構築、訪れる敵帝国軍を撃退していくことに。メインキャンペーンのほかにも、敵ダンジョンの撃破を目指すスカーミッシュやマルチプレイ、サンドボックス的な進行の「マイ・ペット・ダンジョン」、サバイバルモードなどが用意されています。また、Steamワークショップで様々なマップ・シナリオ・Modのダウンロードも可能です。


今回の日本語翻訳は非公式の日本語化Modをベースに取りまとめたものとのこと。ほかにも、日本語への公式対応にあたっては日本の恒例行事の花見にちなんだ、新しいワーカーのスキン「鬼足軽ワーカー」が実装。同スキンは、ゲームを4月から5月末までに起動したユーザーに対してアンロックされるとのことです。


『War for the Overworld』は、Steam/GOG.comにて2,980円/29.99ドルで配信中。Steamでは日本語版リリースを記念して2019年5月20日まで同作本体が84%引きの476円になるほか、各種DLCもチャリティ用DLCを除いてセール実施中となっています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. PC/モバイル向け『LoL』カードゲーム『レジェンド・オブ・ルーンテラ』発表【LoL10周年感謝祭】

    PC/モバイル向け『LoL』カードゲーム『レジェンド・オブ・ルーンテラ』発表【LoL10周年感謝祭】

  2. 懐かしRPGがPCで登場『GRANDIA HD Remaster』英語版Steam配信開始―日本語も後日追加予定

    懐かしRPGがPCで登場『GRANDIA HD Remaster』英語版Steam配信開始―日本語も後日追加予定

  3. 『LoL』全チャンピオンのURF、ユアショップが復活―10日連続ログインプレゼントも【LoL10周年感謝祭】

    『LoL』全チャンピオンのURF、ユアショップが復活―10日連続ログインプレゼントも【LoL10周年感謝祭】

  4. 4人Co-opアクションホラー『GTFO』緊張感溢れる15分プレイ映像!

  5. 『フォートナイト』チャプター2アップデート配信開始、ローンチトレイラーも公開―新たなワールドに飛び込もう

  6. 『Shadow of the Tomb Raider: Definitive Edition』11月5日発売!全てのDLCを含む完全版が海外向けにアナウンス

  7. Riot Gamesが新たな商標『Legends of Runeterra』を取得

  8. アニメ「ARCANE」ティザームービーが公開【LoL10周年感謝祭】

  9. マルチSci-FiサバイバルACT『Stars End』早期アクセス開始―死にゆく故郷を脱出して未知の惑星を開拓せよ

  10. 「サプライドロップやルートボックスといった仕組みは開発していない」―『CoD:MW』開発スタッフがRedditにて発言

アクセスランキングをもっと見る

page top