次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に

ソニーは、2019年度経営方針説明会および「Sony IR Day 2019」において、「プレイステーション」の次世代コンソールに関する様々な情報を明らかにしました。

家庭用ゲーム PS4
次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に
  • 次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に
  • 次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に
ソニーは、2019年度経営方針説明会および「Sony IR Day 2019」において、「プレイステーション」の次世代コンソールに関する様々な情報を明らかにしました。

公開された内容によれば、次世代コンソールは、「演算性能の更なる向上」と「超高速広帯域の専用SSD」を組み合わせたものになるとのことで、高速な描画により没入感を生み出すとしています。また、PS4 Proにおいて8秒のロード時間を要するシーンの読み込みが、発売までまだ多く時間のある時点でも1/10の0.8秒まで短縮されるとのこと。更に8K対応やレイトレーシング機能、3Dオーディオ機能やディスク対応と、ハードのローンチ・移行をスムーズにするための下位互換性のサポートについても言及されました。

PS次世代コンソールについては、先日もPlayStation 4の開発に関わったマーク・サーニー氏が海外メディアのインタビュー内でその情報を明らかにしていましたが、今回、より公的な形で一部の情報が明言された形です。

なお、気になるPS次世代コンソールのローンチプランの発表は「今後適切な時期に行われる」としました。

更に、リモートプレイ・ストリーミングゲーム分野においても「PlayStation Now」の1080p対応など今後の拡張も明らかにされたほか、PS次世代コンソールにおいては、“ストリーミング”が既存のものに加える新たな主要ビジネスモデルになるとしています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  2. PS4/PS4 Proが1万円もお得に! 期間・数量限定の特別セールが公式サイトで12月19日開催

    PS4/PS4 Proが1万円もお得に! 期間・数量限定の特別セールが公式サイトで12月19日開催

  3. MS次世代機「Xbox Series X」はもちろん横置きも可能―Phil Spencer氏が語る

    MS次世代機「Xbox Series X」はもちろん横置きも可能―Phil Spencer氏が語る

  4. 『レッド・ デッド・リデンプション2』PS4版にフォトモード追加アップデート―『レッド・デッド・オンライン』では密造酒製造者が配信

  5. スマホ版『テラリア』アップデートVer.1.3配信開始!追加要素を紹介する「スイッチ版アナウンストレイラー」も公開

  6. 対戦格闘ゲーム『Mortal Kombat 11』がPS4/Xbox One間でのクロスプレイに対応

  7. 『DEATH STRANDING』最新アップデート配信! 邪魔な車両の廃棄や文字サイズの設定追加など

  8. 処理能力はXbox One Xの4倍! MS次世代機「Xbox Series X」追加情報公開

  9. PS4版『マインクラフト』クロスプレイに対応する大型アップデート配信開始!追加パック4種がセットの『Starter Collection』も発売決定

  10. 【吉田輝和の絵日記】魔法サバイバル『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』建築にテイムにクラフトに大忙しライフ!

アクセスランキングをもっと見る

page top