物体縮小銃を駆使するコメディスパイシューター『The Spy Who Shrunk Me』正式版Steam配信―VRも対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

物体縮小銃を駆使するコメディスパイシューター『The Spy Who Shrunk Me』正式版Steam配信―VRも対応

Catlandは、Steam早期アクセス中であったステルスシューター『The Spy Who Shrunk Me』を正式版として配信しました。

PC Windows
物体縮小銃を駆使するコメディスパイシューター『The Spy Who Shrunk Me』正式版Steam配信―VRも対応
  • 物体縮小銃を駆使するコメディスパイシューター『The Spy Who Shrunk Me』正式版Steam配信―VRも対応
  • 物体縮小銃を駆使するコメディスパイシューター『The Spy Who Shrunk Me』正式版Steam配信―VRも対応
  • 物体縮小銃を駆使するコメディスパイシューター『The Spy Who Shrunk Me』正式版Steam配信―VRも対応

Catlandは、Steam早期アクセス中のステルスシューター『The Spy Who Shrunk Me』を正式版として配信しました。

「アントマン」や「オースティン・パワーズ」、『No One Lives Forever』に影響を受けたという同作は、冷戦時代の1981年を舞台に、物体縮小銃を持つ女スパイとなり活躍するステルスシューター。


プレイヤーは秘密が隠されたソ連のあるソフトウェア会社を舞台に、物体縮小銃だけでなく様々なスパイガジェットやバナナの皮などを駆使して、時には自身を縮小しながら戦っていくことになります。ステージを誰も殺さずにクリアしたり、見つからずにクリアしたりなどのチャレンジも可能なようです。


なお、同作は無料DLCとしてVR版も配信されており、VRでゲーム全体を楽しむことが可能です。正式版にあたっては、Steamワークショップを介したユーザーによるゲームの翻訳機能や4つの実績などを実装。パフォーマンス改善なども行われています。

『The Spy Who Shrunk Me』はWindows向けにSteamにて1,520円で配信中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

    映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

  2. Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

    Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

  3. Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

    Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

  4. 『ウィザードリィ 囚われし魂の迷宮』Steam版リリースが2020年初旬に延期

  5. 『ディアブロ III』日本時間8月23日よりシーズン18が開始―三位一体のシーズンバフでLv1からブースト

  6. スクエニ新作『ONINAKI(鬼ノ哭ク邦)』Steam版配信スタート!デモ版も配信中

  7. Win 10版『マインクラフト』美麗なレイトレーシング対応ゲームプレイ比較映像―これホントに『マイクラ』?

  8. 世紀末探索ADV『Some Distant Memory』発表!日本語も収録

  9. リアルタイムカードACT『Overdungeon』正式配信!アルパカ無限に出る→相手は死ぬ

  10. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top