『Halo: Reach』PCベータ版の違法配布が発見―利用者はBANすると開発元が警告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Halo: Reach』PCベータ版の違法配布が発見―利用者はBANすると開発元が警告

違法配布ソフトの利用は、ダメ。ゼッタイ。

ニュース 最新ニュース
『Halo: Reach』PCベータ版の違法配布が発見―利用者はBANすると開発元が警告
  • 『Halo: Reach』PCベータ版の違法配布が発見―利用者はBANすると開発元が警告

Halo: The Master Chief Collection』に収録される『Halo: Reach』のベータテストとして先日よりHalo Insider登録者向けにスタートした「Flight One」ですが、デベロッパーの343 Industriesはこのベータ版がオンラインで違法配布されていることを確認したと報告しました。

同社はこの違法配布されているバージョンをダウンロードあるいはプレイした場合、関連するアカウントを全てBANするとともに、現在または将来すべての343プログラムから削除されると警告しています。

何とかプレイしたいというファンの気持ちもわかりますが、それを利用したトラップ(ウイルスやハッキング)に遭遇する可能性もあるので、違法配布されているものには手を出さないようにしましょう。

「Flight One」は現地時間7月1日まで実施。内容はE3 2019に出展されたビルドの最新バージョンで、『Halo: Reach』のキャンペーンミッション“Tip of the Spear”が含まれているとのこと。公式YouTubeチャンネルではゲームプレイ映像も公開中です。

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

    開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

  2. 宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

    宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

  3. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

    2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  4. 「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

  5. 『SOMA』開発のFrictional Gamesの新作告知サイトに新たな手掛かり―奇妙なアイコンと不気味な動画が発見される

  6. 『スターデューバレー』全世界での売り上げが1000万本以上であることが明らかに

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  9. 『デビル メイ クライ 5』開発陣の「今だから言える告白」とは?バージルの「挑発返し」条件も判明する発売記念映像

  10. 【吉田輝和の絵日記】『龍が如く7 光と闇の行方』横浜で観光&転職しながら"スジモン”とコマンド式バトル!

アクセスランキングをもっと見る

page top