巨大ロボシム『Mech Merc Company』Kickstarterキャンペーン開始!旧『Mechwarrior』風の巨大ロボ操縦・傭兵部隊運営ゲーム | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

巨大ロボシム『Mech Merc Company』Kickstarterキャンペーン開始!旧『Mechwarrior』風の巨大ロボ操縦・傭兵部隊運営ゲーム

『Mechwarrior』シリーズに大きく影響を受けた『Mech Merc Company』のKickstarterキャンペーンが開始しました。『MechWarrior 5: Mercenaries』は喧しい状況となっていますが、本作はSteamで配信予定。

ゲーム文化 Kickstarter
巨大ロボシム『Mech Merc Company』Kickstarterキャンペーン開始!旧『Mechwarrior』風の巨大ロボ操縦・傭兵部隊運営ゲーム
  • 巨大ロボシム『Mech Merc Company』Kickstarterキャンペーン開始!旧『Mechwarrior』風の巨大ロボ操縦・傭兵部隊運営ゲーム
  • 巨大ロボシム『Mech Merc Company』Kickstarterキャンペーン開始!旧『Mechwarrior』風の巨大ロボ操縦・傭兵部隊運営ゲーム
  • 巨大ロボシム『Mech Merc Company』Kickstarterキャンペーン開始!旧『Mechwarrior』風の巨大ロボ操縦・傭兵部隊運営ゲーム

インディークリエイターのMichael Shoots氏らは巨大ロボシミュレーター『Mech Merc Company』のKickstarterキャンペーンを開始、Steamページを公開しました。

本作は、『Mechwarrior』シリーズに大きな影響を受けた巨大ロボシミュレーターゲーム。本作のKickstarterキャンペーンでも最初に同作の存在に触れ、このキャンペーンが成功するならば、「シングルプレイヤー向けの90年代の巨大ロボットシミュレーターに別の新作を加えることができる」と自信をみせています。


カスタム可能な巨大ロボのパイロット兼傭兵部隊オーナーとして、ランダム生成のミッションの合間にメカのカスタムや契約更新、装備の充実、部隊員の雇用などを行いながら生き抜いていく巨大ロボシミュレーターで、ゲームのコア部分、ロボットの操縦やカスタム部分などは古い『Mechwarrior』シリーズに大きな影響を受けた雰囲気が特徴です。腕などの部位破壊や、武装使用による自身の発熱システムなども搭載されています。


ミッションの種類は敵全滅から指定ターゲットの撃破、基地攻撃・防衛など10種類が予定。Modにも対応しており、大半の部分がテキストエディタで容易に改造可能なほか、Steamワークショップにもローンチ時点で対応するとしています。


記事執筆時点で30日を残し、目標額160万円に対し14万円ほどを達成しているキャンペーンは、10ドルからゲームのSteam版が手に入るほか、記事執筆時点で既に100ドル枠しか残っていないものの、40ドル以上の支援では登場メカのデザイン権も付属しています。なおKickstarterキャンペーンのほとんどはゲームのオリジナル3Dモデルの製作に充てられるとのことです。Kickstarterキャンペーンは2019年9月8日までとなっています。


『Mech Merc Company』は2020年3月にSteamにて早期アクセス実施予定。キャンペーンが成功した場合プレアルファとして即座にSteamキーの提供を行うとのことです。itch.ioではゲームのコンセプトデモ版のダウンロードが可能です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ゴールデンアイ007』ファンリメイク『GoldenEye 25』が権利者からの申し立てにより開発を中止

    『ゴールデンアイ007』ファンリメイク『GoldenEye 25』が権利者からの申し立てにより開発を中止

  2. 『CoD:MW』『Warzone』シーズン5で新登場したオペレーター「Lerch」は実在する元SWATメンバーがモデルであることが明らかに

    『CoD:MW』『Warzone』シーズン5で新登場したオペレーター「Lerch」は実在する元SWATメンバーがモデルであることが明らかに

  3. 正式リリース迫る『Factorio』の進化を収めたファンメイドトリビュート映像!

    正式リリース迫る『Factorio』の進化を収めたファンメイドトリビュート映像!

  4. 『サイバーパンク2077』の新情報を伝える「Night City WIRE」第2回発表内容ひとまとめ

  5. オレンジの球体が駆け回る!『GTAオンライン』でチーター被害を受けたユーザーが状況を活かした映像を公開

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 【ネタバレ注意】『The Last of Us Part II』に登場する赤ん坊は大人だった!?衝撃的なモーキャプ風景が公開

  8. 海外Modderが『ゴールデンアイ 007』のマップをVRゲーム『Half-Life: Alyx』でリメイク!

  9. N64『ゴールデンアイ 007』のスピードラン記録が15年ぶりに更新!―ダムステージを1秒短縮

  10. 『FF7』キャラが参戦する格ゲー『エアガイツ』PS版をレビュー、読み合いが熱いガチ格闘を今振り返る

アクセスランキングをもっと見る

page top