冷戦初期舞台RTS『Men of War: Assault Squad 2 - Cold War』配信開始―ダイナミックキャンペーンも搭載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

冷戦初期舞台RTS『Men of War: Assault Squad 2 - Cold War』配信開始―ダイナミックキャンペーンも搭載

冷戦初期が舞台のRTS『Men of War: Assault Squad 2 - Cold War』が配信開始。ダイナミックキャンペーンも搭載

PC Windows
冷戦初期舞台RTS『Men of War: Assault Squad 2 - Cold War』配信開始―ダイナミックキャンペーンも搭載
  • 冷戦初期舞台RTS『Men of War: Assault Squad 2 - Cold War』配信開始―ダイナミックキャンペーンも搭載
  • 冷戦初期舞台RTS『Men of War: Assault Squad 2 - Cold War』配信開始―ダイナミックキャンペーンも搭載
  • 冷戦初期舞台RTS『Men of War: Assault Squad 2 - Cold War』配信開始―ダイナミックキャンペーンも搭載
  • 冷戦初期舞台RTS『Men of War: Assault Squad 2 - Cold War』配信開始―ダイナミックキャンペーンも搭載

1C Entertainmentは、Digitalmindsoftが手掛けるRTS『Men of War: Assault Squad 2 - Cold War』をSteamにて配信開始しました。

長年続く同シリーズ。WW2舞台に多数の国家が登場した前作から冷戦初期に舞台を移した本作では、アメリカとソ連による戦いがWW2時代の兵器も交えて描かれます。


エンジンには64bitへの対応をはじめ多くの最適化が実施されました。シリーズの特徴である細かいユニットごとのインベントリや兵器の鹵獲、ユニットの直接操作機能、マルチ対戦・AIを交えたスカーミッシュ機能などは健在です。


加えて本作ではキャンペーンの仕組みが刷新。通常のRTSのように次々と援軍を呼びながら敵と戦う固定マップのモードではなく、マップごとにポイントで購入した兵器や、前マップでの鹵獲兵器などを編成して総戦力が限られた状態で戦う、ダイナミックキャンペーンモードに変化しました。

また、シングル・マルチ共に車両へのダメージモデルも大きく変化していますが、「ハードコアモード」を設定することで前作に大きく近づけることも可能です。


『Men of War: Assault Squad 2 - Cold War』はSteamにて2,570円で配信中。2019年9月20日までは10%引きの2,313円で購入可能です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Sci-Fi RPG『アウターワールド』Halcyonの地でまだ見ぬ希望の光となれ―ローンチトレイラー公開

    Sci-Fi RPG『アウターワールド』Halcyonの地でまだ見ぬ希望の光となれ―ローンチトレイラー公開

  2. ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす

    ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす

  3. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信―レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正など

    『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信―レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正など

  4. 息を呑む美しさ…PC版『レッド・デッド・リデンプション2』4K/60fpsトレイラー公開!

  5. 発売迫る『シェンムーIII』を鈴木裕氏が直接解説!スペシャルインタビュー動画公開

  6. 『Fallout 76』大型アップデート「Wastelanders」2020年Q1に延期へ―人間NPC追加など、過去最大の拡張コンテンツ

  7. アドレナリン出まくり高速レースゲーム『Need for Speed Heat』PC版動作環境が明らかに

  8. PC版『アウターワールド』の要求スペック公開ー推奨グラボはGTX1060 6GBなどに

  9. 中世西洋ストラテジー『Crusader Kings II』Steam版が期間限定無料配布!貴族として混乱の時代を歩め

  10. 新作FPSRPG『アウターワールド』PC/CS版の配信日時が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top