『グランド・セフト・オートIII』が新たにオーストラリア審査機関に登録…年齢制限の違いが意味するところは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『グランド・セフト・オートIII』が新たにオーストラリア審査機関に登録…年齢制限の違いが意味するところは?

オーストラリアのレーティング機関に『グランド・セフト・オートIII』が新たに登録されていることが明らかに。マルチプラットフォームでの展開が記載されていますが果たして……。

ニュース 最新ニュース
『グランド・セフト・オートIII』が新たにオーストラリア審査機関に登録…年齢制限の違いが意味するところは?
  • 『グランド・セフト・オートIII』が新たにオーストラリア審査機関に登録…年齢制限の違いが意味するところは?
  • 『グランド・セフト・オートIII』が新たにオーストラリア審査機関に登録…年齢制限の違いが意味するところは?
  • 『グランド・セフト・オートIII』が新たにオーストラリア審査機関に登録…年齢制限の違いが意味するところは?
ロックスター・ゲームスが2001年に発売した『グランド・セフト・オートIII』が、新たにオーストラリアの審査機関に登録されていることがわかりました。



今回登録された情報では詳しい内容は不明なものの、マルチプラットフォームの表記が確認できます。日本では配信されていませんが、海外では既にPlayStation4向けにPS2版を1080pにアップスケールし、トロフィー機能などを追加したバージョンが配信されているので、同一内容のものがPS4を除くプラットフォームで展開する可能性も考えられます。

しかし、オリジナルとなるPS2版及び前述したPS4版などのオーストラリアにおける年齢制限は「MA 15+」(15歳以上)で、今回登録された『グランド・セフト・オートIII』は「R 18+」(18歳以上)となっています。この違いが意味するところは分かりませんが、もしかすると現在PS4向けに配信されているものとは異なる内容のものがリリ-スされるのかもしれません。

PS4向けに配信中のPlayStationストアページ(オーストラリア)

なお、本審査機関には先日『レッド・デッド・リデンプション 2』が登録されていたことも話題になっていました。
《いっちゃん》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

    Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

  3. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  4. コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

  5. 終末世界街づくりシム『END ZONE A WORLD APART』アーリーアクセスを4月2日から開始―21XX年世界は放射能に包まれた!

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  8. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  9. Steamにて予約購入したゲームがリリース前であれば返金可能に、アカウントページから簡単に申請可

  10. サターンの名作『パンツァードラグーン』がVRに!シリーズ三部作のエピソードを舞台とした『パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)』2020年発売

アクセスランキングをもっと見る

page top