日本語学習ARPG『Shujinkou』Kickstarter開始―“ハッセイキ”の魔物に立ち向かえ主・人・公! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本語学習ARPG『Shujinkou』Kickstarter開始―“ハッセイキ”の魔物に立ち向かえ主・人・公!

日本語学習要素を含む異色の和風ARPG『Shujinkou』のKickstarterキャンペーンが開始。ストレッチゴールには日本語対応も。

ゲーム文化 Kickstarter
日本語学習ARPG『Shujinkou』Kickstarter開始―“ハッセイキ”の魔物に立ち向かえ主・人・公!
  • 日本語学習ARPG『Shujinkou』Kickstarter開始―“ハッセイキ”の魔物に立ち向かえ主・人・公!
  • 日本語学習ARPG『Shujinkou』Kickstarter開始―“ハッセイキ”の魔物に立ち向かえ主・人・公!
  • 日本語学習ARPG『Shujinkou』Kickstarter開始―“ハッセイキ”の魔物に立ち向かえ主・人・公!
  • 日本語学習ARPG『Shujinkou』Kickstarter開始―“ハッセイキ”の魔物に立ち向かえ主・人・公!

Rice Gamesは、横スクロールARPG『Shujinkou』のKickstarterキャンペーンを開始しました。

同作は、世界に現れたポータル“ハッセイキ”と、そこから現れた魔物によって混沌に陥った和風世界を舞台に“Shu”、“Jin”、“Kou”の3人が脅威に立ち向かっていく横スクロール型のアクションRPG。


本作は大きな特徴として、「日本語学習」要素を含んでおり、プレイヤーは敵に効果的な言葉を装備して戦うほか、スキルも日本語の動詞に英訳が付いたものといった具合です。ボス戦ではリアルタイムで日本語に関する質問に答える要素も。


物語の第一章以降では漢字も登場するとのことで、他にも多数のミニゲームや、サブキャラとの交流要素、日本酒の解説を含む居酒屋などもあります。


28ドルからゲーム本体が手に入るKickstarterキャンペーンは480万円ほどが目標額。約1,100万円のストレッチゴールでは日本語対応が予定されています。



『Shujinkou』Kickstarterキャンペーンは、2019年11月5日まで実施予定。Steamのほか、ストレッチゴール次第で海外PS4/ニンテンドースイッチ向けにも発売予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  2. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  3. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

    カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  4. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  5. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  6. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  7. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

  8. 『フォートナイト』プロプレイヤー協会が発足―2019世界王者含む北米・欧州の計16選手で構成

  9. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top