『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信―レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信―レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正など

「すべてのキャラクターによるあらゆるプレイスタイルの実現」を目指し、全メーカーのレジェンダリー装備を調整。

PC Windows
『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信―レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正など
  • 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信―レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正など

2K Japanは、10月17日に『ボーダーランズ3』のホットフィックスを配信し、変更内容を公開しました。

レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正などが含まれる今回のホットフィックスの詳細は、こちらから確認できます。「武器のホットフィックス」は以下の通り。

『ボーダーランズ3』ホットフィックス: 2019年10月17日


武器のホットフィックス


マリワン
  • 「ウェスターガン」のダメージが25%増加しました。
  • 「ASMD」のダメージが28%増加しました。
  • 「カットマン」のダメージが25%減少しました。

ティーディオール
  • 「テン・ガロン」のダメージが8%増加しました。

ブラドフ
  • 「シックル」のリロード速度が25%上昇しました。
  • 「フェイザー」のダメージが15%増加しました。
  • 「インフィニティ」のダメージが40%増加しました。
  • 「マグニフィセント」のダメージが25%増加しました。
  • 「ジェリコ」のダメージが40%増加しました。
  • 「ルシアンズ・コール」の精度と操作性が低下しました。
  • 「リューダ」のクリティカル・ダメージ・ボーナスが30%減少し、中央に余分な弾丸を1発スポーンしてしまう不具合に対応する修正を加えました。

    「リューダ」の機能は、一定距離後に投射物を1つから3つへと分割することです。この分割の過程で元となった投射物が破壊されずに残っていたため、合計4つの投射物となっていることが指摘されました。元の投射物が破壊されるように修正した結果、ダメージが1発分減少し、武器の基礎ダメージが自動修正されました。以前のホットフィックスで全スナイパー・ライフルのクリティカル・ダメージを増加させたため、今回「リューダ」のクリティカル・ダメージ・ボーナスを少し減少させました。

トーグ
  • 「トライ・ボルト」のダメージが25%増加しました。
  • 「アルケミスト」のダメージが25%増加しました。
  • 「デビルズ・フォーサム」のダメージが13%増加しました。
  • 「フラッカー」の使用時にマガジンの弾薬が全弾消費されるようになり、ダメージが33%減少しました。

    「フラッカー」は発射される投射物の数と速い発射速度により、他のショットガンよりも大幅に有効な武器となっていました。当初は散弾が拡散することでほとんどの爆発物が目標から外れることを想定していましたが、実際はそうではありませんでした。今回の修正で投射物のダメージを減少させ、1発ごとにリロードが必要なように調整しました。この調整により、プレイヤーがこの武器のダメージを最大化するには、各ステータス・ボーナスを効率的に使用する必要が生じます。
  • 「レーザー・スプローダー」のロケット投射物のスポーン間隔が4秒延長しました。

ジェイコブス
  • 「マギー」のダメージが35%増加しました。
  • 「ヘルウォーカー」のダメージが8%減少しました。

ハイペリオン
    一部のハイペリオン社製レジェンダリー武器が早い段階でハイペリオン社のプレイスタイルから外れ、メリットがデメリットを大きく上回っていることがわかりました。「ザ・ブッチャー」は想定を大きく上回る有効性を見せていたため、ダメージを減少させて高い発射速度は維持しました。

  • 「カンファレンス・コール」のダメージが15%増加しました。
  • 「クロスロード」の精度が低下し、発射される投射物の数が4から3に減少しました。
  • 「ブッチャー」の精度が低下し、ダメージが25%減少しました。

ダール
  • 「ヴァンキッシャー」のダメージが20%増加しました。

チルドレン・オブ・ヴォルト
  • 「スケクシル」のダメージが15%増加しました。
  • 「リノージュ」のダメージが20%増加しました。
  • 「ペイン・イズ・パワー」のダメージが25%増加しました。

アトラス
  • 「ルビーズ・ラース」のダメージが10%増加しました。

グレネード
    「ヘックス」と「ファイアーストーム」が誤ったグレネード MOD に調整されていました。この2種のグレネードは、元々エレメンタル継続ダメージを与えることに特化した武器として設計されました。しかし誤って大きなダメージを与えるように設定されており、エレメンタル継続ダメージの効果はわずかしか機能していませんでした。今回の調整はこの2種のグレネードにとって大きなものとなりましたが、たくさんのグレネードがスポーンする、目標にたくさんのグレネードが命中する、といった見所は維持したかったため、このような結果となりました。今後は単なる高ダメージグレネードとしてではなく、本来の役割が強調されるはずです。

  • 「ハンター・シーカー」のダメージが25%増加しました。
  • 「ヘックス」のダメージが70%減少し、継続時間が3秒に短縮されました。
  • 「ファイアーストーム」のダメージが70%減少しました。

アーティファクト
    レジェンダリー・アーティファクト「エレメンタル・プロジェクター」の最大値が、本来の113%ではなく183%と誤って表示される不具合が生じていました。そのため、その相違を修正し、最大値を90%に減少させました。

  • 「エレメンタル・プロジェクター」の最大ダメージが90%に減少しました。
《S. Eto》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『ARK』の訴訟問題を乗り越え再出発…古代アジアサバイバル『Myth of Empires』正式版がリリース―クラフトレシピの追加や新要素も

    『ARK』の訴訟問題を乗り越え再出発…古代アジアサバイバル『Myth of Empires』正式版がリリース―クラフトレシピの追加や新要素も

  2. Steam版は2月27日まで無料プレイ!『ダイイングライト2 ステイ ヒューマン:リローデッド・エディション』発売―大型アプデ、ストーリーDLC全部入りの超豪華版

    Steam版は2月27日まで無料プレイ!『ダイイングライト2 ステイ ヒューマン:リローデッド・エディション』発売―大型アプデ、ストーリーDLC全部入りの超豪華版

  3. プレイヤー数2千万人突破!協力プレイ対応小人の裏庭ADV『Grounded』海外向けにPS4/PS5/スイッチ版発表―クロスプレイも可能

    プレイヤー数2千万人突破!協力プレイ対応小人の裏庭ADV『Grounded』海外向けにPS4/PS5/スイッチ版発表―クロスプレイも可能

  4. 【PC版無料配布開始】高難度血みどろ2Dアクション『Super Meat Boy Forever』Epic Gamesストアにて

  5. “非常に好評”オープンワールドサバイバル『Enshrouded』累計プレイヤー数200万人突破―次回アップデート情報は近日公開

  6. ジョン・シナ演じる『Mortal Kombat 1』DLCキャラクター「ピースメイカー」のトレイラーが公開!

  7. 本格ハクスラトレハンARPG『Last Epoch』5年近くを経て正式版配信!時を超え幾多の地を駆け最強戦士を作り上げろ

  8. 追加マップや最大64人でのオンライン対戦にも対応!リマスター版『STAR WARS: Battlefront Classic Collection』プレオーダーが開始

  9. リメイク版『SILENT HILL 2』賛否分かれる戦闘トレイラーにBloober Team社長が反応―「ゲームの精神を反映したものではない」

  10. 『パルワールド』SteamとXboxを合わせた総プレイヤー数2,500万人突破!早期アクセス開始からほぼ1か月での快挙

アクセスランキングをもっと見る

page top