『Doom』『Quake』の生みの親ジョン・カーマック、汎用人工知能の研究へ―Oculusでは顧問としてVR開発を継続 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Doom』『Quake』の生みの親ジョン・カーマック、汎用人工知能の研究へ―Oculusでは顧問としてVR開発を継続

当面の間、息子に仕事をしてもらい、自分は自宅で研究に没頭する「ヴィクトリア朝の紳士科学者」スタイルでやっていくとのこと。

ニュース ゲーム業界
『Doom』『Quake』の生みの親ジョン・カーマック、汎用人工知能の研究へ―Oculusでは顧問としてVR開発を継続
  • 『Doom』『Quake』の生みの親ジョン・カーマック、汎用人工知能の研究へ―Oculusでは顧問としてVR開発を継続
  • 『Doom』『Quake』の生みの親ジョン・カーマック、汎用人工知能の研究へ―Oculusでは顧問としてVR開発を継続
(C)Getty Images

伝説的FPS『Doom』『Quake』の生みの親の一人で、先日VR Award 2019にて生涯功労賞を受賞したジョン・カーマック氏は、今後しばらくの間、汎用人工知能の研究をメインに行うと発表しました。


Facebookの投稿によれば、同氏はOculusの顧問最高技術責任者(Consulting CTO)の役職に移り、自宅での汎用人工知能(Artificial General Intelligence, AGI)研究をメインに行うとのこと。同氏はその研究で、とてつもなく有益な結果を出せる自信があるとも語っており、今後しばらくの間は息子に仕事をしてもらい、自分は自宅で研究に没頭する「ヴィクトリア朝の紳士科学者(Victorian Gentleman Scientist)」スタイルでやっていくと述べました。また、高コスト効率の核分裂炉の研究も候補に挙がっていたものの、上記の研究スタイルには適していなかったためお蔵入りとなったとも。

これまでゲームや航空宇宙、VRと多岐にわたる分野に力を入れてきたジョン・カーマック氏ですが、これまではいずれの分野においても「解決策が漠然と見えていた」とし、「解決策の見えていない分野ではどうだろうか」としばしば考えていたそう。そして、年を取りすぎる前に一度(解決策の見えていない分野への)挑戦を決心したとのことです。
《S. Eto》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 元カプコン・岡本吉起氏が『バイオハザード0』をゲームキューブ独占にした経緯を明かす―倒産しないための“生き残る術”だった

    元カプコン・岡本吉起氏が『バイオハザード0』をゲームキューブ独占にした経緯を明かす―倒産しないための“生き残る術”だった

  2. 『黄昏ニ眠ル街』や『Bright Memory』も初セール!最大80%OFFのPLAYISM10周年記念セール開催

    『黄昏ニ眠ル街』や『Bright Memory』も初セール!最大80%OFFのPLAYISM10周年記念セール開催

  3. ローグライトな村作りゲーム『Kainga: Seeds of Civilization』が発表―今秋に早期アクセスで配信

    ローグライトな村作りゲーム『Kainga: Seeds of Civilization』が発表―今秋に早期アクセスで配信

  4. 週末セール情報ひとまとめ『Project Wingman』『Risk of Rain 2』『DOOM Eternal』『Loop Hero』他

  5. 『コール オブ デューティ』と映画「ダイ・ハード」「ランボー」とのコラボが正式発表!現地時間5月20日からスタート

  6. 『Warframe』『ロケットリーグ』など7タイトルのゲーム内コンテンツが5月18日より期間限定無料配信―SIEの「Play At Home」イニシアチブ最終更新情報【訂正】

  7. Epic Gamesストアにて20世紀墺国クリエイターの葛藤描くADV『The Lion's Song』期間限定無料配信開始

  8. VRロボットADV『ALTDEUS』新エピソード『EPISODE YAMATO』がOculus Quest向けに6月上旬配信!本編を別の視点から描くストーリー

  9. 高難度サイバーパンクACT続編『Ghostrunner 2』発表―カタナ片手にサイバーパンク世界を駆け抜ける

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top