フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは

『DCS World』の最新モジュール『DCS: JF-17 Thunder』がリリース。中パ共同開発の機体をリアルに体験出来る。

PC Windows
フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは
  • フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは
  • フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは
  • フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは
  • フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは
  • フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは
  • フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは
  • フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは

Deka Ironworksは、PC向けフライトシムプラットフォーム『DCS World』の最新モジュール『DCS: JF-17 Thunder』をリリースしました。

本モジュールは、J-7をベースに発展させた中国とパキスタン共同開発の単発戦闘機「JF-17(FC-1)」を題材にしたもの。2003年に初飛行した戦闘機で、コックピットには大型のMFCDが3枚設けられており、機体にはダイバータレス超音速インレットやフライ・バイ・ワイヤ、KLJ-7レーダー、RD-93エンジンを搭載。導入国はパキスタンやミャンマーが挙げられます。



兵装は、LS-6やGB-6の誘導爆弾などを筆頭に、C-802AKとCM-802AKGの対地/対艦ミサイルやWMD-7ターゲティング・ポッドなどを搭載出来ます。



JF-17は、馴染みが薄くなかなか情報が表に出てこない中国とパキスタンの共同開発機体であるため、本機をリアルに体験出来る注目のモジュールでないでしょうか。

『DCS: JF-17 Thunder』は、Steamと『公式サイトにて販売中。Steamでの価格は7,953円(日本語未対応)です。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

    ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

  2. レイトレーシング対応グラフィックボード「GeForce RTX 2060」が大幅値下げ!海外で50ドル引きの299ドルに

    レイトレーシング対応グラフィックボード「GeForce RTX 2060」が大幅値下げ!海外で50ドル引きの299ドルに

  3. 『マインクラフト』Java版購入者向けのWin 10版ギフトコードが補充―コード不足が解消

    『マインクラフト』Java版購入者向けのWin 10版ギフトコードが補充―コード不足が解消

  4. 『ESO』新シリーズは1000年前のスカイリム地方が舞台に―今後のコンテンツ展開も発表

  5. 『フォートナイト』Ninjaの公式スキンが登場!1月17日朝から期間限定でリリース

  6. PC版『アライアンス・アライブ HDリマスター』配信開始―9人の主人公が織り成すやりこみ要素の高い群像劇

  7. 変身する魔法少女が戦う『Star Girl Proxima』配信!エイリアンと戦う8-bitアクション

  8. 名作RPGシリーズ最新作『Baldur's Gate 3』2月末に新たな情報の公開を予告

  9. 『ディビジョン2』装備の刷新や新レイドのコンセプトアートなどの新情報が公開

  10. 『R6S』ADS時間増加やALDA 5.56のACOG削除などを実施するPC版テストサーバーのパッチノートが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top