Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

ドイツの規制機関「MA HSH」の報告を受け、Steamからナチス関連の壁紙などが削除されたことが海外メディアから伝えられました。

ゲーム文化 カルチャー
Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除
  • Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除
Valveが、ドイツの規制機関「MA HSH」の報告を受け、Steamからナチス関連の壁紙などを削除したことが海外メディアから伝えられました。

Kotakuによれば、Valveは現地時間12月9日、ドイツにおけるテレビやラジオの規制機関「MA HSH」の要請を受け、Steamに存在していた30のユーザープロファイルと28の壁紙を削除したとのこと。この中には「Führer(ヒトラーを示す語)」「Holocaust」などのユーザー名、および「Reconquista Germania」などの名称を持つコミュニティが存在しており、これらのコンテンツはドイツにおける未成年の保護条約に明確に違反していたことが伝えられています。

またGamesindustry.bizによると、Valveの対応について「MA HSH」は、「Steamが報告されたコンテンツを一握りの例外を除いて削除し、さらにコミュニティモデレーターのトレーニングを強化することを約束した」とコメントしているとのこと。ただし、このコメントに関するGamesindustry.biz、Kotakuの問い合わせに対し、記事執筆時点でValveは返答していません。

なお、Kotakuによれば「MA HSH」は、Steamが年長の子どもたちの人気を得ていることを認めると同時に、過激派右翼のプロパガンダやフォロワー集めに利用される可能性を指摘しているとのこと。果たしてValveによる今回の対応がSteamにどのような影響を及ぼすのか、今後の動向を注視しておく必要があるかもしれません。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

    海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

  2. 米国で30歳女性が恋人を日本刀で刺すー理由は浮気と『PUBG』のやりすぎ

    米国で30歳女性が恋人を日本刀で刺すー理由は浮気と『PUBG』のやりすぎ

  3. 同人STG『カンブリアソード』が博物館に展示―宇宙と地球の140億年史をテーマにした展示会で

    同人STG『カンブリアソード』が博物館に展示―宇宙と地球の140億年史をテーマにした展示会で

  4. パキスタンの政治家が『GTA V』映像を実際の出来事と勘違い―リアルさ故に起きた珍事件

  5. 「ゲーミングお嬢様」が「ジャンプルーキー!」12月期ブロンズルーキー賞を受賞!連載枠へ掲載【UPDATE】

  6. 『CoD:BO4』のゾンビマップにはまだ未発見のイースターエッグが存在―開発者が明らかに

  7. ファッションデザイナーになろう! 新作職業シム『Fashion Designer』トレイラー

  8. 『マインクラフト』で「ハリー・ポッター」の世界を再現! クエストや謎解きのゲームプレイ要素も

  9. 『エースコンバット7』コトブキヤ1/144「X-02S」レビュー…ディテール強化とロール軸追加で展示しやすさも向上!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  10. 『ポケモン』がASMR動画「焚き火の音」とコラボ!安心して眠るヒトカゲが最高の癒しをお届け

アクセスランキングをもっと見る

page top