Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

ドイツの規制機関「MA HSH」の報告を受け、Steamからナチス関連の壁紙などが削除されたことが海外メディアから伝えられました。

ゲーム文化 カルチャー
Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除
  • Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除
Valveが、ドイツの規制機関「MA HSH」の報告を受け、Steamからナチス関連の壁紙などを削除したことが海外メディアから伝えられました。

Kotakuによれば、Valveは現地時間12月9日、ドイツにおけるテレビやラジオの規制機関「MA HSH」の要請を受け、Steamに存在していた30のユーザープロファイルと28の壁紙を削除したとのこと。この中には「Führer(ヒトラーを示す語)」「Holocaust」などのユーザー名、および「Reconquista Germania」などの名称を持つコミュニティが存在しており、これらのコンテンツはドイツにおける未成年の保護条約に明確に違反していたことが伝えられています。

またGamesindustry.bizによると、Valveの対応について「MA HSH」は、「Steamが報告されたコンテンツを一握りの例外を除いて削除し、さらにコミュニティモデレーターのトレーニングを強化することを約束した」とコメントしているとのこと。ただし、このコメントに関するGamesindustry.biz、Kotakuの問い合わせに対し、記事執筆時点でValveは返答していません。

なお、Kotakuによれば「MA HSH」は、Steamが年長の子どもたちの人気を得ていることを認めると同時に、過激派右翼のプロパガンダやフォロワー集めに利用される可能性を指摘しているとのこと。果たしてValveによる今回の対応がSteamにどのような影響を及ぼすのか、今後の動向を注視しておく必要があるかもしれません。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ロックスターのオンラインゲーム『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』で一時サーバー停止―黒人男性死亡事件を受け

    ロックスターのオンラインゲーム『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』で一時サーバー停止―黒人男性死亡事件を受け

  2. 『The Last of Us Part II』1分超のCM映像の使用曲に対し「無許可でコピーされた」とアメリカ人歌手が訴えかける

    『The Last of Us Part II』1分超のCM映像の使用曲に対し「無許可でコピーされた」とアメリカ人歌手が訴えかける

  3. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  4. 『Euro Truck Simulator 2』日本マップMod「Project Japan」v0.40の公開日が決定!

  5. 日常生活と夢の世界を楽しむライフシム『Circadian City』早期アクセス開始日決定!

  6. 香川県議会が弁護士会の「ネット・ゲーム依存症対策条例」廃止を求める声明に対し見解を発表―「廃止については理由がない」

  7. 『レッド・デッド・オンライン』で双頭のスケルトンを召喚して他のプレイヤーを攻撃させるハッカー現る

  8. 『Destiny 2』の新章が明らかになるお披露目イベント6月10日実施

  9. 黒人男性死亡事件を受けEAが100万ドルの寄付を発表―会社全体で長期的に人種差別と戦うための活動内容も

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top