Valveが海外『Dota 2』トーナメント開催者を提訴―賞金75万ドル不払いに対し | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valveが海外『Dota 2』トーナメント開催者を提訴―賞金75万ドル不払いに対し

Valveの『Dota 2』の公式イベント運営GESCが賞金など不払いで契約解除および訴訟に。

ニュース ゲーム業界
Valveが海外『Dota 2』トーナメント開催者を提訴―賞金75万ドル不払いに対し
  • Valveが海外『Dota 2』トーナメント開催者を提訴―賞金75万ドル不払いに対し
  • Valveが海外『Dota 2』トーナメント開催者を提訴―賞金75万ドル不払いに対し

海外メディアDOT ESPORTSは、Valveが同社の人気タイトル『Dota 2』の公式トーナメントを開催したシンガポールに拠点を置くGESCに対して、期限内の賞金不払いがあったとして、2019年4月8日にシンガポール共和国の高等裁判所で提訴していたことを報じました。

GESC(Global Electronic Sports Championship)は、公式サイトによると、「アジアの大手e-Sportsブランドになることを目指して活動している、シンガポール拠点のe-Sports団体」です。

2018年10月30日に公開された文書によれば、GESCインドネシアとGESCタイは、2018年3月と5月に行われた2つのDotaイベントでの選手、チーム、タレントならびに2017年以降に提供された個人およびグループコンサルティングサービスに対して75万ドル以上の不払いがあるとのことです。

インドネシアで開催されたイベントは、Valve主催初のDota 2トーナメントであり、Evil Geniuses、Natus Vincere、Fnaticなどの主要チームが参加しました。このイベントが特に重要だったのは、チームが賞金30万ドルとさらにThe International 2018へのポイントを獲得したからです。このイベントはマイナーですが、メジャートーナメントへの参加資格へと繋がります。

ValveのスポークスマンLombardi氏はDOT ESPORTSを通じ、「我々の契約では、トーナメント参加者へのタイムリーな支払いが求められます」と言い、GESCとのパートナーシップを終了したと伝えました。

また同様に、ウクライナを拠点とするトーナメント開催者StarLadderも、2019年初頭に開催されたValveのイベントに出演したタレントに対する報酬の支払いが遅れているということで非難されています。
《麦秋》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 小島監督が英国アカデミー賞最高栄誉のフェローシップ賞を受賞!日本人では宮本茂氏に続く2人目

    小島監督が英国アカデミー賞最高栄誉のフェローシップ賞を受賞!日本人では宮本茂氏に続く2人目

  2. 『グラブル ヴァーサス』舞えよ胡蝶!DLC第2弾「ナルメア」の配信日が3月3日に決定

    『グラブル ヴァーサス』舞えよ胡蝶!DLC第2弾「ナルメア」の配信日が3月3日に決定

  3. 「コナミコマンド」発案者の橋本和久氏が逝去、「上上下下左右左右BA」を広めたプログラマー

    「コナミコマンド」発案者の橋本和久氏が逝去、「上上下下左右左右BA」を広めたプログラマー

  4. 次は秋田・大館市……新たに「ネット・ゲーム依存症対策条例」素案発表“ゲームは1日60分”

  5. プラチナゲームズが本社以外では初となる開発拠点「プラチナゲームズTOKYO」を2020年4月より開業!

  6. 20年以上のキャリアを持ち『メタルギア』シリーズにも携わったベテランがコジプロのマーケティング・コミュニケーションヘッドに就任

  7. GOG.comが新しい返金ポリシーを発表―ゲームをプレイした後でも最大30日間まで全額返金が可能

  8. プラチナゲームズ自社IP第1弾『プロジェクト G.G.』鋼の巨人と怪獣のティーザー公開―東京開発スタジオ本格稼働へ

  9. 『ショベルナイト』ローグライト落ちゲー『Shovel Knight Pocket Dungeon』発表! その他の最新情報も公開

  10. 悪魔と人類の技術がぶつかり合うファミコン風ACT『Panzer Paladin』PC/スイッチで2020年夏に配信

アクセスランキングをもっと見る

page top