PS4またはXbox Oneを内蔵したゲーミングPC「Big O」が一般販売へ! カスタム可能で価格は2,499ドルから | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS4またはXbox Oneを内蔵したゲーミングPC「Big O」が一般販売へ! カスタム可能で価格は2,499ドルから

内蔵ハードはPS4/Xbox Oneのどちらか一つを選択する方式となります。

ゲーム機 ハードウェア
PS4またはXbox Oneを内蔵したゲーミングPC「Big O」が一般販売へ! カスタム可能で価格は2,499ドルから
  • PS4またはXbox Oneを内蔵したゲーミングPC「Big O」が一般販売へ! カスタム可能で価格は2,499ドルから
  • PS4またはXbox Oneを内蔵したゲーミングPC「Big O」が一般販売へ! カスタム可能で価格は2,499ドルから

2019年7月にカスタムPCメーカーOrigin PCが創立10周年記念としてPS4 Pro/Xbox One X/ニンテンドースイッチを内蔵したゲーミングPC「Big O」を制作し話題となっていましたが、世界中のゲーマーからの問い合わせが殺到したことから同社は2020年版「Big O」を一般販売すると発表しました。


2020年版「Big O」はCORSAIRのCrystal Series 280Xケースに水冷式PCと水冷式のPS4 ProまたはXbox One S All Digital Editionを内蔵(購入者が選択)。それぞれ電源コネクタとHDMI出力を持っており、2つの異なるディスプレイで同時に使用したり、マルチ入力のディスプレイで交互に使用することが可能です。オプションのElgato 4K60 Proキャプチャカードを追加して4Kゲームプレイなどのシームレスなストリーミングやキャプチャもできるとのこと。


PCの各パーツやゲーム機のSSD、ケースの外観もカスタマイズ可能で、価格は2,499ドル(約27万円)。さらなる詳細や写真は公式サイトにてご確認下さい。余談ですが、もし2019年版(PS4 Pro/Xbox One X/ニンテンドースイッチ内蔵)を販売するとしたら一体いくらになったのでしょう…。

2019年版「Big O」
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. CD機にも対応のレトロゲーム互換機「POLYMEGA」4月より日本のAmazonでも注文可能に【UPDATE】

    CD機にも対応のレトロゲーム互換機「POLYMEGA」4月より日本のAmazonでも注文可能に【UPDATE】

  2. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

    プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  3. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

    PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  4. 『SEGA Mega Drive & Genesis Classics』にVR対応アップデート!オンラインマルチも実装に

  5. 「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた

  6. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

  7. E3 2013: インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ

  8. VRにも触覚を、バーチャルに指先の感覚を与える「TESLASUIT GLOVE」発表

  9. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  10. 純金とダイヤモンドで装飾されたPS4コントローラー登場―恐ろしくてレバガチャできない…【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top