【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした!

「メガロポリス・ノックダウン・リローデッド」の田澤類先生が、『PUBG』の公式大会「PJS WINTER INVITATIONAL 2019」に突撃取材!

連載・特集 特集
【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした!
  • 【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした!
  • 【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした!
  • 【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした!
  • 【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした!
  • 【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした!
  • 【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした!
  • 【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした!
  • 【田澤類のeスポ偏愛観戦記】世界最強Gen.Gの凄味、国内チームの奮闘も見られた「PWI 2019」を漫画にした!
- 1 -

- 2 -

- 3 -

- 4 -

- 5 -

- 6 -

- 7 -

- 8 -

- 9 -

- 10 -

- 11 -

- 12 -

『PUBG』世界の強豪Gen.Gにインタビュー!



漫画の方はお楽しみいただけたでしょうか。さて、ここでは漫画で紹介しきれなかったGen.Gのメンバー(Menteul選手、Aqua5選手、Loki選手、Pio選手)との熱いインタビューをお届けします!『PUBG』世界一の強豪は、なぜ「PJS WINTER INVITATIONAL 2019」のみならず、他の大会でも次々と勝利を掴み取ってきたのか訊いてきました。

田澤『PUBG』は、ゲームにおける戦術の移り変わりがすごく早くて、数か月~半年で全体の流れが変わってしまうところがあると思うのですが、それでも世界で勝ち続けられるのは他のチームとどのような差があるのでしょうか?

Menteul選手とてもシンプルな答えになりますが、戦術やスキルに特別な差があるというよりはPio選手のオーダーが特別だということです。

田澤なるほど、オーダーの質が違うと。

Menteul選手みんな、Pio選手の頭の中から出てくる戦術や動きが特別だと感じているようです。

田澤チームメートに対してそこまでリスペクトがあるのですね、それは凄い。

さて、皆さんは趣味としてゲームを始めたと思うのですが、どのタイミングでプロになろうとか、プロでやっていけるなと感じたのでしょうか?そうした瞬間やきっかけがあれば教えてください。

Aqua5選手僕は元々そこまで有名ではないゲームをプレイしていたんですが、その中でいわゆるネームドといったランカーになっていって、その経験で自信を得てプロを目指しました。

田澤なるほど、マイナーゲームで腕を認められて自信をつけていったと。

Loki選手僕は率直な話、好きなゲームをやり続けながらお金も欲しかったのでプロになりました。

田澤素晴らしい!

Pio選手僕の場合は元々プロになりたかったわけではありませんでした。なぜかというとプロ選手は遠くまで合宿に出向かねばならず、それがどうにも嫌だったからです。

田澤合宿が嫌だというのはなんとも面白いですね。(笑)

Pio選手だけど、地方の大会などで少しづつ結果を出していく中でカタルシスというか喜びを感じてプロ生活が段々好きになっていきました。

Menteul選手僕は『PUBG』がリリースされた頃からプレイしていて、最初から上手くプレイできて自分に合っていたので、このゲームでならプロに行けるんじゃないかと思って目指し始めました。

田澤『PUBG』で初めてプロを志したと。

では、PWI優勝の感想を改めておしえてください。

Menteul選手まずは、去年のこの大会で優勝を逃しているので、そのリベンジを果たせて良い成績を残せたことが嬉しいです。そして賞金を獲得できたこともですね。

田澤やはり優勝できたことが一番大事なんですね。

今日は本当にお疲れのところをどうもありがとうございました。僕も『PUBG』が大好きで2000時間以上をプレイしていますが、実は弱いままなんです。そんな僕ですが、間違いなく今世界で最も『PUBG』が上手い男たちに会えて幸せでした!

国内チームCrest Gaming Xanaduにインタビュー!



Gen.Gに続いて、国内チームのCrest Gaming Xanaduのメンバー(Aries選手、Fhy選手、Dep選手、Rio01選手)にもインタビューする機会をいただけました!今回、残念ながら優勝を勝ち取ることは出来ませんでしたが、それでもハイレベルな戦いを見せてくれた彼らに、いち『PUBG』プレイヤーとして色々訊いてみました。

田澤今回のPWIで韓国やタイの強豪チームと戦って、改めてこの一年で世界との距離感というか差のようなものがどう変化したと思いますか?

Aries選手一番このチームで長くやっているので自分が代表してお話しようと思いますが、感覚的にいうと前よりは縮まった感はあります。前は世界戦の相手チームが何故そんなところにいるのかわからないといったことが度々あったのですが、今は「そういう戦術もあったな」と理解できているようになってきました。

田澤ここ1~2年でPUBG JAPAN SERIES(PJS)も海外のレギュレーションに近づいて国内リーグでの立ち回り方が海外と変わらなくなったというのもありますか?

Aries選手確かにルールが変わって、キル中心の立ち回りになったというのはあります。もちろん追いつけている部分も増えてきましたが、実力面でまだまだなところがあります。

田澤海外勢も凄い勢いで進化していますもんね。

さて、皆さんは趣味としてゲームを始めたと思うのですが、どのタイミングでプロになろうとか、プロでやっていけるなと感じたのでしょうか?そうした瞬間やきっかけがあれば教えてください。

Aries選手自分は、別にプロになれると思っていなくてスカウトされたんです。

田澤声をかけられて初めて意識したと。

Aries選手そうですね、そこで初めて「じゃあなろうかな」となりました。

Rio01選手自分も同じですね、それこそAriesと同じタイミングで声をかけられて、一緒に『PUBG』をやってみようかなと。

田澤お二人とも一緒にやっていて同じタイミングでチームに誘われたんですね。

Fhy選手プロになれると思った瞬間……自分としては努力次第で頑張れば……うーん、なんですかね難しいですね……。

Dep選手俺はね、『オーバーウォッチ』を始めて一か月くらいでプロと当たるレートになって、「プロ弱くね?俺ならイケるな」って思ってプロになりました。

田澤それは分かりやすいというか、それなら絶対にプロなれますもんね!

皆さん各々でどういった「キル」が一番テンションが上がりますか?

Aries選手一番嬉しいのは自分たちが一番キツいポジションにいる時に、それを打開できる一キルをするとチームのモチベーションが上がるのでテンションが上がりますね。

田澤なんともプロっぽいですねぇ……。

Dep選手自分は単スナですね、頭に一発。

田澤確かに、絶対気持ちいいですね。

Fhy選手えぇーなんだろ?別に自分は特にないというか、キルはどれでもキルって感じですね。

田澤それはそれでなんか格好いいなぁ。

Rio01選手俺は、複数人相手で自分は一人なのにドン勝獲ったとき!目立ちたがり屋なんで。

田澤あぁーそれはシンプルに一番格好いいやつですね。

僕も『PUBG』はアーリーアクセスの頃からずっとプレイしているのですが、まるで上手くならずにただ殺される毎日です。皆さんのTwitchなど配信を観て励みにしているので、これからの活躍に期待しています!本日はありがとうございました!

田澤類のプロフィール:海外のビデオゲーム、いわゆる”洋ゲー”を題材とした作品を手掛けている漫画家で、代表作は「メガロポリス・ノックダウン(KADOKAWA)」と「テトラさんの鬼姫実況(KADOKAWA)」。現在、ゲームメディアのGame*Sparkにて「メガロポリス・ノックダウン・リローデッド」を連載中。好きなゲームは当然『PUBG』。
《田澤類》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top