惑星開拓一人称ADV『Journey to the Savage Planet』配信開始―新入社員がわずかな装備で惑星調査 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

惑星開拓一人称ADV『Journey to the Savage Planet』配信開始―新入社員がわずかな装備で惑星調査

装備はわずかでろくな計画もない、それでもめげずに仕事に取り組む新入社員になって未開の惑星を探索します。

PC Windows
惑星開拓一人称ADV『Journey to the Savage Planet』配信開始―新入社員がわずかな装備で惑星調査
  • 惑星開拓一人称ADV『Journey to the Savage Planet』配信開始―新入社員がわずかな装備で惑星調査
  • 惑星開拓一人称ADV『Journey to the Savage Planet』配信開始―新入社員がわずかな装備で惑星調査
  • 惑星開拓一人称ADV『Journey to the Savage Planet』配信開始―新入社員がわずかな装備で惑星調査
  • 惑星開拓一人称ADV『Journey to the Savage Planet』配信開始―新入社員がわずかな装備で惑星調査

505 Gamesは、Typhoon Studios開発のアドベンチャー『Journey to the Savage Planet』をPC向けに配信し、あわせてローンチトレイラーを公開しました。

本作は未開の惑星を探索し、人類の居住に適しているかを調べていくアドベンチャー。プレイヤーはキンドレッド・エアロスペース社の新入社員として、4種のバイオームがある惑星を調査していきます。

植物や動物をスキャンしてカタログ収集していく探索要素に加えて、レーザーピストルやロケットパックなど装備をアップグレードして新しいエリアへ入れるようにするという要素もあります。またオンラインでの2人協力マルチプレイにも対応しています。

なおGame*Sparkでは本作のプレイレポートも掲載しています。





『Journey to the Savage Planet』は日本語にも対応で、PC向けにEpic Gamesストアにて3,080円で配信中。なお海外ではPS4向けにも配信中で、1月29日午前1時にはXbox One向けにも配信されます。
《いわし》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 東プレの製作する「REALFORCE」シリーズにゲーミングマウスなどの商標が申請されていることが明らかに【UPDATE】

    東プレの製作する「REALFORCE」シリーズにゲーミングマウスなどの商標が申請されていることが明らかに【UPDATE】

  2. 4.99ドルで『S.T.A.L.K.E.R.』三部作を含む10作品が遊べる期間限定バンドルがFanaticalに登場!

    4.99ドルで『S.T.A.L.K.E.R.』三部作を含む10作品が遊べる期間限定バンドルがFanaticalに登場!

  3. SF居住地運営シム『RimWorld』拡張DLC「Royalty」配信開始!―1.1アップデートも配信に

    SF居住地運営シム『RimWorld』拡張DLC「Royalty」配信開始!―1.1アップデートも配信に

  4. PC版『レインボーシックス シージ』同時接続者数の最多記録を更新―2018年3月以来、約2年ぶり

  5. ハイスピードロボACT『M.A.S.S. Builder』UI日本語対応が発表!ガードなど新システムや追加ストーリーも3月7日実装【UPDATE】

  6. ANIPLEX.EXE、Frontwing/枕、ライアーソフト手掛けるADV二作の新情報公開―配信サイトはSteam/DMM GAMES

  7. Obsidian新作『Grounded』Steamページ公開! 小さな体で裏庭サバイバル

  8. 『RimWorld』大型1.1アップデートが登場―大幅最適化に数々の更新や一部ユーザーModの取り入れも

  9. 7日間を生き残り続ける惑星サバイバルMMO『Population Zero』のSteam早期アクセス開始日決定!

  10. 『Microsoft Flight Simulator』手作業で作成した空港は……37,000箇所!開発舞台裏映像がお披露目

アクセスランキングをもっと見る

page top