「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

知財高裁は本訴訟の控訴審判決にて、MARIモビリティ開発側に5,000万円の賠償を命じたと、共同通信社が報じました。

ニュース ゲーム業界
「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント
  • 「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

株式会社MARIモビリティ開発(当時の社名は「株式会社マリカー」)が行っていた、『マリオカート』を連想させるネーミングの使用や衣装の貸し出し行為について、著作権侵害行為の差止および損害の賠償を求める訴訟を、2017年2月24日に任天堂が起こしました。

昨年5月の中間判決では、MARIモビリティ開発の「マリカー」「maricar」といった表示やコスチュームを貸与する行為などが不正競争行為に該当すると認められ、侵害行為によって生じた損害の金額などの審理が続いていました。

そしてこのたび、知財高裁は本訴訟の控訴審判決にて、MARIモビリティ開発側に5,000万円の賠償を命じたと、共同通信社が報じました。

今回の判決を受け、MARIモビリティ開発は公式サイトにて、「当社の主張が認められなかった部分については誠に遺憾であり、内容を精査して引き続き対応して参ります」とコメントしています。

【関連記事】
任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴
任天堂から訴訟された「マリカー」から声明
「公道マリオカート」に関する東京地裁判決を任天堂が公開―キャラクターコスチューム貸与禁止などが下される
任天堂、「マリカー」訴訟の中間判決を報告─被告側が不正競争行為に該当、損害金額等について審理継続
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』実験モード第1弾、アタッカーが3名になる「トリプルダメージ」の詳細発表―現地時間2月25日からテスト開始予定

    『オーバーウォッチ』実験モード第1弾、アタッカーが3名になる「トリプルダメージ」の詳細発表―現地時間2月25日からテスト開始予定

  2. コジプロやSIEに続いてEAの「GDC2020」出展中止が明らかに―同社スタッフが報告

    コジプロやSIEに続いてEAの「GDC2020」出展中止が明らかに―同社スタッフが報告

  3. CD Projektがヨーロッパで2番目の市場価値を持つビデオゲーム開発会社へと躍進―『ウィッチャー3』の大幅売上増など影響

    CD Projektがヨーロッパで2番目の市場価値を持つビデオゲーム開発会社へと躍進―『ウィッチャー3』の大幅売上増など影響

  4. コジプロが2020年のGDC参加中止を表明―新型コロナウィルス懸念のため

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 6DoFシューター『Descent』開発スタジオが契約不履行によりパブリッシャーに提訴される

  7. 『ARK:Survival Evolved』拡張DLC「Genesis」配信延期、海外リリース日は2月25日に

  8. 『あつまれ どうぶつの森』Direct映像で見逃しがちな18の要素!リセットさんのその後やしずえの小ネタも

  9. ARPG『インディヴィジブル』PS4/スイッチ版の国内発売が決定! 小清水亜美さんなど豪華声優陣の吹き替えも

  10. MMO『黒い砂漠』PS4/Xbox One版のクロスプレイが可能に―3月4日から新たな冒険が始まる

アクセスランキングをもっと見る

page top