実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介

シリーズ10周年記念作品『初音ミク Project DIVA MEGA39's』が2020年2月13日に発売。シリーズ初のニンテンドースイッチ向け作品の魅力に迫ります。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介
  • 実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介
  • 実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介
  • 実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介
  • 実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介
  • 実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介
  • 実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介
  • 実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介
  • 実は二人でも遊べる!?『初音ミク Project DIVA MEGA39's』の魅力と新しい楽しみ方を紹介

バーチャル・シンガーとして世界中に知られる初音ミクのリズムゲーム『初音ミク -Project DIVA-』が世に出たのが2009年7月。当時はニコニコ動画を中心に多くの名曲が生まれ始めており、それらをリズムゲームとして、また初音ミクたちが出演するPVとして楽しめる本作は、多くのファンに愛されました。

『Project DIVA』シリーズは進化を重ねながら多彩なプラットフォームでリリースされ、多数のシリーズ作・派生作品が生まれました。そして迎えた10年目、「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project」10周年記念作品が『初音ミク Project DIVA MEGA39's』です。

本作はシリーズ初となるニンテンドースイッチ向けソフト。これまでの『Project DIVA』シリーズらしさはそのままに、ニンテンドースイッチならではの遊びも盛り込まれています。その魅力を紹介していきましょう。

リニューアルされたPVで楽しめる全101曲


本作の核となるリズムゲームは、10年間の歴史を彩った名曲たちが収録。そのうち以下の9曲は新規収録曲で、一部楽曲は動画PVで楽しめます。


  • 39みゅーじっく!(Music & Lyrics by みきとP)

  • エイリアンエイリアン(Music & Lyrics by ナユタン星人)

  • テオ(Music by Omoi / Lyrics by Sakurai)

  • ヒバナ(Music by DECO*27 / Lyrics by DECO*27、Mes)

  • ロキ(Music & Lyrics by みきとP)

  • ジグソーパズル(Music & Lyrics by まふまふ)

  • どりーみんチュチュ(Music & Lyrics by emon(Tes.))

  • ジターバグ(Music & Lyrics by 蜂屋ななし)

  • 大江戸ジュリアナイト(Music & Lyrics by Mitchie M)



注目は、ニンテンドースイッチ向けにアニメ調の「NPR(ノンフォトリアル)」にリニューアルされたPV映像。こちらはアーケード版の一部のPVで好評を博した描き方で、キャラクターの輪郭が鮮明になり、イラストの風味が強くなっています。

また、本作のためにkz(livetune)氏が書き下ろした楽曲が「Catch the Wave」。同曲を含め、全101曲がプレイ可能です。1曲の中でミクがさまざまなモジュールで登場する「Catch the Wave」のPVは見応え抜群。曲も何度も聞きたくなる楽曲になっていますよ。


ちなみに、楽曲ごとのランキングや達成率などのプレイデータも細かく見ることができます。自身のプレイを振り返りながら、ランキング上位を目指す楽しみ方も用意されているのです。

手描きTシャツも作れる!カスタマイズ性の高いモジュール


『Project DIVA』シリーズのもう一つの楽しみが、初音ミクの衣装となるモジュール。こちらは実に300着以上が収録されているうえ、頭や顔、胸元、背中にカスタマイズアイテムも付けることができます。さらにモジュールと髪型を別に設定できるので、自分好みのキャラクターを“プロデュース”することも可能です。

モジュールは全曲に反映させる「全曲設定」が3つ用意されており、こちらはプリセットのように扱うことができます。それとは別に「楽曲別設定」で楽曲ごとにモジュールを設定することも可能です。なお、一部モジュールは楽曲をプレイして獲得できるポイントで開放していきます。


あらかじめ用意されたモジュールとは別に、自作のTシャツをキャラクターに着用させることができるのが、新機能「Tシャツエディット」。ボタンやタッチパネルを使って自由にTシャツをデザインすることができます。前面と背面を別々に作成できるほか、太さと色を変えられるペン、RGBによるカラーエディット、拡大縮小、アンドゥ機能が用意されており、かなり細かく設定できます。


実際に筆者が(なけなしのデザインセンスで)作成したTシャツが下記。ミクに着て踊ってもらったのですが、非常に再現度が高く、シワ感もリアルです。何より、自作の衣装を着てくれるのがうれしいですね。スタイラスペンを使って本格的なイラストに挑戦したり、思い切ったアイデアを反映させたり、既存のカスタマイズアイテムと組み合わせたりと、かなり深い楽しみ方ができそうです。



こうしてセットしたモジュールやオリジナルTシャツといった衣装は、「PVプレイリスト再生モード」でも堪能できます。好きな曲をプレイリストにして再生できるので、作業用BGMにしてもいいかもしれません。頭出し、曲送り、一時停止、歌詞表示といった一通りの機能に加え、操作説明表示の消去もできるなど、細かいところまで気が配られているミュージックプレイヤーです。

二人でも遊べる!?ミックスモードが楽しい


本作のリズムゲームの遊び方は「アーケードモード」「ミックスモード」の2種類です。

アーケードモードは、『初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone』に近いプレイング。Joy-Con右のA・B・X・Yボタン(Joy-Con左の十字キーでも代用可能)とZL(L)・ZR(R)ボタンを組み合わせ、曲のリズムに合わせて押していくおなじみの形式です。


もう一つのミックスモードは、左右のJoy-Conを「いいね持ち」して楽しむ遊び方。ボタンはZL(L)・ZR(R)ボタンのみとシンプルですが、その代わりに画面上部から流れてくる青と赤のバーに合わせて、Joy-Conを傾ける必要があります。


ニンテンドースイッチならではの操作で、もちろんシリーズ初の操作方法。確かに慣れるまでは何度かプレイする必要がありますが、(アーケードモードも含め)かなり丁寧なチュートリアルが用意されていますので、初心者でも安心です。

また、ボタンが少ないぶん、いわゆる“音ゲー”が苦手な人でもプレイしやすいのが特長。上から流れてくるバーはぴったり合わせるほど高得点になりますが、ある程度重なっていればコンボに数えてくれるのも優しいですね。

基本的に一人でプレイする作品ですが、このミックスモードを二人で遊ぶのもオススメです。筆者も二人でJoy-Conを分け合って遊んでみたのですが、一人でやるとちょっと難しい楽曲も、二人で分け合うのでクリアしやすくなります。“協力プレイ”的に遊べるので、一緒に難曲へチャレンジする醍醐味も。ぜひ、ニンテンドースイッチならではの遊び方を試してみてください。


10年にわたって続いたシリーズの最新作として、過去作品の良さを踏襲するとともに、既存要素を進化させ、新ハードならではの新しい遊び方も盛り込んだ、間口の広いタイトルになっています。ボーカロイドファンはもちろん、これまで『Project DIVA』を遊んだことがないリズムゲームファン、ニンテンドースイッチで遊べる音ゲーを探している人にもオススメの一本です。

【商品概要】
商品名:初音ミク Project DIVA MEGA39’s
対応機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2020年2月13日(木) 発売予定
価格 :通常版・パッケージ版5,990円(税抜)、限定版9,990円(税抜)
ジャンル:リズムアクション
プレイ人数:1人
発売・販売:株式会社セガゲームス
CERO表記:C区分(15歳以上対象)
著作権表記:(C) SEGA / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
記載の商品名および社名は各社の登録商標です。
公式サイト:http://miku.sega.jp/mega39s/
公式Twitter:https://twitter.com/pjd_sega"
《ばかいぬ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. シリーズ新作か?『鉄拳7』無料アップデート&世界大会トレイラーのラストに意味深なカット

    シリーズ新作か?『鉄拳7』無料アップデート&世界大会トレイラーのラストに意味深なカット

  2. 吸血鬼討伐CO-OPシューター『Redfall』詳細は「QuakeCon 2022」で8月19日に発表!

    吸血鬼討伐CO-OPシューター『Redfall』詳細は「QuakeCon 2022」で8月19日に発表!

  3. 待望の『タクティクスオウガ リボーン』公式情報の気になる点に着目―「ラヴィニス」の姿も?

    待望の『タクティクスオウガ リボーン』公式情報の気になる点に着目―「ラヴィニス」の姿も?

  4. 『KOF XV』追加コンテンツ「餓狼MotWチーム」配信開始!不具合やバランス調整のアップデートパッチも

  5. 『マリオカート8 デラックス』コース追加パス第2弾配信!なんと「ココナッツモール」にも変化が

  6. 『KOF XV』キャラクタートレイラー「アンヘル」公開! 気の抜ける口調とは対照的なハードヒットでアグレッシブな技の数々

  7. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  8. 10月5日のリリース迫る『オーバーウォッチ 2』3回目のベータテストは無しと明言

  9. 【吉田輝和の絵日記】地球最後の親子ギツネの物語を描くADV『エンドリング - エクスティンクション イズ フォーエバー』では波乱万丈の“狐生”が体験できる

  10. 長らく音沙汰がなかった『Beyond Good and Evil 2』にリブート版『セインツロウ』にも携わった新ライターが参加

アクセスランキングをもっと見る

page top