「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る

当時の心境を吐露すると同時に、今回描かれるソニック像についても言及しています。

ゲーム文化 カルチャー
「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る
  • 「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る
  • 「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る
  • 「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る

セガの名作アクション『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を原作に据えたハリウッド映画「ソニック・ザ・ムービー」。その監督であるジェフ・フォウラーが変更されたソニックのデザインについて語りました。

2019年4月のトレイラー公開時、主人公ソニックのリアル調にアレンジされたデザインが物議を醸し、その変更が約束される事態となった同作。同年11月に公開されたトレイラーでは、より原作に近い姿をお披露目していました。

フォウラー監督は、海外メディアDigital Spyに対して当時の心境を吐露。最初のトレイラーが発表されてから5か月、「もしファンが気に入らなかったら?」という思いが頭をよぎりながらもデザインのアップデートを行っていたことが語られています。また、公開した際には好意的な反応で受け入れられたため、夜な夜な抱えていた不安は消え去ったといいます。

また、監督自身がファンであるソニック像にも言及。今回の映画化にあたって、「よそ者」という立ち位置をとらせたこと。彼の持つ能力が彼自身を孤独にさせることとを絡めながら、それを乗り越える試練を描いている、と本作の見所となる部分も伝えています。

映画「ソニック・ザ・ムービー」は3月27日に日本公開予定です。
《杉元悠》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『SIREN』の影響受けた現代日本サバイバルホラー『Brutal Japan | 猟奇の日本』早期アクセス開始!

    『SIREN』の影響受けた現代日本サバイバルホラー『Brutal Japan | 猟奇の日本』早期アクセス開始!

  2. Laz選手「今までの大会で一番楽しい」…と笑うも、決勝への闘志が垣間見えた「ZETA DIVISION」記者会見【レポート】

    Laz選手「今までの大会で一番楽しい」…と笑うも、決勝への闘志が垣間見えた「ZETA DIVISION」記者会見【レポート】

  3. 『ゼルダの伝説』風アクションアドベンチャーRPG『Airoheart』発売日決定

    『ゼルダの伝説』風アクションアドベンチャーRPG『Airoheart』発売日決定

  4. パンツも脱げるし殴り合いにもなる大人向け恋愛ADV『House Party』正式リリース日決定!

  5. 高評価ストラテジー『Into the Breach』無料拡張「Advance Edition」が7月配信!

  6. 都市伝説から逃げる工事現場ホラー『Alice | 愛莉澄』PC向けにリリース―2020年配信デモの有料製品版

  7. 被害総額は約3億円…『CS:GO』で最も高価なアイテムがハッキングで盗まれる

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 欧州版PS Plusの初代PSタイトルが50Hzで動作するとの報告―SIEは60Hzも対応予定と表明

  10. 性的にもオープンワールドな大人向け官能サバイバルRPG『Wild Life』のKickstarterが開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top