Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】

「Steam」の2020年1月売上上位20タイトル発表。日本産タイトル、日本語対応タイトルが多数。

ニュース ゲーム業界
Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】
  • Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】
  • Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】
  • Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】
  • Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】
  • Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】
  • Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】
  • Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】
  • Steam2020年1月売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数【UPDATE】

Valveはゲーム配信プラットフォーム「Steam」の2020年1月売上上位20タイトルを発表しました。

今回の大きな特徴としては20本中、13本ほどがアジア圏開発、うち8本が日本の作品であること。日本からも『うたわれるもの 偽りの仮面』、『三國志14』、『スーパーロボット大戦X』、『DEEEER Simulator』、『アトリエ』の黄昏シリーズ3部作のDX版、そして『ドラゴンボール Z KAKAROT』が名前を連ねています。欧米圏からは『ポケモン』フォロワーなMMORPG『Temtem』などがランクイン。

なお、今回の国産作品の内、日本向けの展開が行われていないのは『ドラゴンボール Z KAKAROT』のみ。他の作品には日本語の収録も行われています。また、全体では11本ほどが日本語対応作品です。

別枠となる、無料の人気タイトルとしては『Darwin Project』『Coloring Game 2』『Soviet Jump Game』『Grim Clicker』『Soccer Manager 2020』が登場しています。なお、ブログ記事では10年前、2010年の1月には『Toki Tori』などたった11本のみのゲームしかリリースされていなかったことについても触れられています。

詳しいリストは下記のとおりです。詳しい内容はブログ記事にて閲覧可能です。

■ 1月のトップリリース


Sands of Salzaar
Han-Squirrel Studio(中国)


Paranormal HK(日本語対応)
Ghostpie Studio(中国)


スーパーロボット大戦X(日本語対応)
B.B.STUDIO CO.,LTD. (日本)


GemCraft - Frostborn Wrath
Game in a Bottle(ハンガリー)


アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ DX(日本語対応)
KOEI TECMO GAMES CO., LTD. (日本)


エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ DX(日本語対応)
KOEI TECMO GAMES CO., LTD. (日本)


シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ DX(日本語対応)
KOEI TECMO GAMES CO., LTD. (日本)


some some convenience store
TALESSHOP Co., Ltd. (韓国)


ドラゴンボール Z KAKAROT(日本語非対応、日本からの購入不可)
CyberConnect2 Co. Ltd. (日本)


三國志14(日本語対応)
KOEI TECMO GAMES CO., LTD. (日本)


DEEEER Simulator(日本語対応)
NASPAPA GAMES(日本)


Temtem(日本語対応)
Crema(スペイン)


うたわれるもの 偽りの仮面(日本語対応)
AQUAPLUS(日本)


The Walking Dead: Saints & Sinners
Skydance Interactive(アメリカ)


Commandos 2 - HD Remaster(日本語対応)
Yippee! Entertainment(イギリス)Pyro Studios(スペイン)


Warhammer Underworlds: Online
Steel Sky Productions(オーストラリア)


コーヒートーク(日本語対応)
Toge Productions(インドネシア)


The Pedestrian
Skookum Arts(アメリカ)


Astellia
Studio 8(韓国)


Not For Broadcast
NotGames(イギリス)

■ 1月の新作無料ゲーム


Darwin Project(日本語対応)
Scavengers Studio(カナダ)


Coloring Game 2(日本語対応)
L. Stotch(ロシア)


Soviet Jump Game(日本からのプレイ不可)
Fantastic Passion(アメリカ)


Grim Clicker
EvilCharm Games(ロシア)


Soccer Manager 2020(日本語対応)
Soccer Manager Ltd. (イギリス)


※ UPDATE(2020/2/19 13:12):タイトルの一部誤字を修正いたしました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. オープンワールドの一人称視点“PvX”シューター『THE INVITATION』発表!

    オープンワールドの一人称視点“PvX”シューター『THE INVITATION』発表!

  2. フェイク・ドキュメンタリーの先駆け映画「食人族」がゲーム化! 公開40周年記念

    フェイク・ドキュメンタリーの先駆け映画「食人族」がゲーム化! 公開40周年記念

  3. 『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

    『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

  4. 2020年で『ダンガンロンパ』生誕10周年! 記念生放送など多種多様な施策実施を発表

  5. Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

  6. ほっこりライフシム『Hokko Life』発表―殺人や死に関するゲームづくりに疲れた開発者が制作

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

  9. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  10. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

アクセスランキングをもっと見る

page top