『Dota 2』世界大会「The International」の開催都市の決定を招致制に―Valveは大きな経済効果を約束 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dota 2』世界大会「The International」の開催都市の決定を招致制に―Valveは大きな経済効果を約束

世界大会なので、応募できる条件はなかなか厳しいものになります。

ニュース 発表
『Dota 2』世界大会「The International」の開催都市の決定を招致制に―Valveは大きな経済効果を約束
  • 『Dota 2』世界大会「The International」の開催都市の決定を招致制に―Valveは大きな経済効果を約束
  • 『Dota 2』世界大会「The International」の開催都市の決定を招致制に―Valveは大きな経済効果を約束

Valveは、MOBA『Dota 2』の世界大会である「The International」の開催都市の決定を、2021年からオリンピックのような招致制にすることを発表しました。

「The International」は2011年から行われている同作の世界選手権。ゲーム内アイテムのバトルパスをユーザーが購入することで賞金額が上昇していくシステムが取られており、2019年には賞金総額がe-Sports大会としては最大となる約3430万ドル(約37億円)に達するなど話題を集めています。

発表によると、応募条件として「15,000人から80,000人が収容できるアリーナかスタジアムを10日間用意できること」「30,000人分の十分なホテルのスペースが用意できること」「空港に近いこと」「十分な接続環境が確保されていること」などの細かい条件が設定されています。また、発表の中では開催のメリットの一例として、2018年に大会を行ったバンクーバーが期間中に780万ドルの経済効果を得たことを報告しています。

応募は現地時間2020年3月31日までで、選考を経て2020年8月に次回開催地が発表されます。また、「The International 2020」は今年の8月にストックホルムで開催される予定です。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 国内ゲームレーティング機構CEROが5月6日まで休止―政府の新型コロナ緊急事態宣言受け

    国内ゲームレーティング機構CEROが5月6日まで休止―政府の新型コロナ緊急事態宣言受け

  2. 『DayZ』オリジナル版制作者とスタンドアロン版ディレクターが未発表の大規模サバイバルゲームを制作中

    『DayZ』オリジナル版制作者とスタンドアロン版ディレクターが未発表の大規模サバイバルゲームを制作中

  3. 『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

    『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

  4. 「家にいよう、命を守ろう」英国政府と協力のゲーム会社が新型コロナ拡散防止メッセージを周知

  5. 『セインツロウ ザ・サード』のPC/PS4/Xbox One向けリマスター版が海外発表!

  6. ソニーの次世代PS5の詳細が報じられるーレイトレーシング対応やインストールの仕様変更などが明らかに

  7. 「ゲーセンミカド」新型コロナウイルスによる売上減少を受けてクラウドファンディングの近日開始を発表

  8. Piko Interactiveが『Master's Fury』など旧Unico製アーケードゲームの権利獲得

  9. 更に伸びゆくSteam同時接続……最大2,400万人を突破、メーカーによる無料ゲーム配布も続く【UPDATE】

  10. 定額サービスの「Xbox Game Pass」が海外向けにPCで展開へ

アクセスランキングをもっと見る

page top