なぜ、彼は奇行に走ったのか…ネット上のレジェンド「ダクトテープゲーマー」に迫るドキュメンタリーが近日公開予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

なぜ、彼は奇行に走ったのか…ネット上のレジェンド「ダクトテープゲーマー」に迫るドキュメンタリーが近日公開予定

ダクトテープの繭に包まれて宙吊りのままゲームをプレイする男の画像。その裏側に迫るドキュメンタリー。

ゲーム文化 カルチャー
なぜ、彼は奇行に走ったのか…ネット上のレジェンド「ダクトテープゲーマー」に迫るドキュメンタリーが近日公開予定
  • なぜ、彼は奇行に走ったのか…ネット上のレジェンド「ダクトテープゲーマー」に迫るドキュメンタリーが近日公開予定
  • なぜ、彼は奇行に走ったのか…ネット上のレジェンド「ダクトテープゲーマー」に迫るドキュメンタリーが近日公開予定

YouTubeチャンネルのtrknowlesは、インターネット上で伝説となった「ダクトテープゲーマー(Duct-Taped Gamer)」に迫るドキュメンタリーの予告トレイラーを公開しました。

17年前の2003年3月、とあるLANパーティーでダクトテープの繭に包まれて宙吊りのまま『Counter-Strike』をプレイするゲーマーの画像が流布。以降、「Duct-Taped Gamer」として知られ、広く親しまれるようになりました。そして、去る2019年1月に海外メディアKotakuによって真実が明かされましたが、そこには未だ「語られざる物語」があったようです。

予告されたドキュメンタリーでは、ダクトテープゲーマーことDrew Purvisさん本人を始めとする当事者たちにインタビューし、“あの画像”の裏側に迫ります。

動画の公開日時は明かされていませんが、ティーザーによれば「まもなく」とのこと。同ドキュメンタリーの公式サイトでは、インタビューを受けたレジェンドたちの紹介や、ドキュメンタリーの概要が確認できます。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

    【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

  2. オープンワールドサバイバル『Rust』農業を強化する「Farming 2.0」アップデートが実施!

    オープンワールドサバイバル『Rust』農業を強化する「Farming 2.0」アップデートが実施!

  3. 頑固な汚れもこれ一本!高圧洗浄シム『PowerWash Simulator』登場

    頑固な汚れもこれ一本!高圧洗浄シム『PowerWash Simulator』登場

  4. SFADV『In Other Waters』配信―謎めくグリーゼ677Ccの海で行方不明のパートナーを探せ

  5. 『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

  6. まさかの“ゴジラ”コラボ! 新セット「イコリア:巨獣の棲処」が『MTGアリーナ』含む「マジック」世界に登場

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開

  9. 期待のホラー『Year Of the Ladybug』作者の超怖顔描きメイキング!

  10. 『マジック:ザ・ ギャザリング』「コロナ」文言が入ったカード名が削除・変更に―「言葉が別の意味を帯びるようになった」

アクセスランキングをもっと見る

page top