任天堂とソニー共同の試作機「任天堂版PlayStation」36万ドルで落札へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂とソニー共同の試作機「任天堂版PlayStation」36万ドルで落札へ

幻の「任天堂版PlayStation」のオークションが成立、落札価格が36万ドルとなりました。

ゲーム文化 カルチャー
任天堂とソニー共同の試作機「任天堂版PlayStation」36万ドルで落札へ
  • 任天堂とソニー共同の試作機「任天堂版PlayStation」36万ドルで落札へ
  • 任天堂とソニー共同の試作機「任天堂版PlayStation」36万ドルで落札へ
先月、オークションに出品された事が大きな話題となっていた任天堂版PlayStation」ですが、この度取引が成立、落札価格が36万ドル、日本円でおよそ3,700万円になりました。

任天堂とソニーが、現在に連なるSCE(現SIE)の「PlayStation」発売以前に共同で開発していた同機。以前はSCEアメリカの前社長の所有物でしたが、巡り巡ってTerry Diebold氏の元へ。さらにそこから年月が経ち、2015年に息子のDan氏が再発見しRedditへ投稿、世間を賑わせていました。

Oculus創業者のパルマー・ラッキー氏も入札に参加していたという今回のオークション。KotakuによるとオークションサイトHeritage Auctionsの広報担当は現時点で落札者が特定されることは望んでいないとのことです。ソニーのゲームハード制作の歴史の1ページ目とも言えるハードは、次はどのような形で陽の目を見るのでしょうか。
《KADEN》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. まさかの“ゴジラ”コラボ! 新セット「イコリア:巨獣の棲処」が『MTGアリーナ』含む「マジック」世界に登場

    まさかの“ゴジラ”コラボ! 新セット「イコリア:巨獣の棲処」が『MTGアリーナ』含む「マジック」世界に登場

  2. 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

    【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

  3. 頑固な汚れもこれ一本!高圧洗浄シム『PowerWash Simulator』登場

    頑固な汚れもこれ一本!高圧洗浄シム『PowerWash Simulator』登場

  4. 『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. SFADV『In Other Waters』配信―謎めくグリーゼ677Ccの海で行方不明のパートナーを探せ

  7. オープンワールドサバイバル『Rust』農業を強化する「Farming 2.0」アップデートが実施!

  8. 『マジック:ザ・ ギャザリング』「コロナ」文言が入ったカード名が削除・変更に―「言葉が別の意味を帯びるようになった」

  9. 期待のホラー『Year Of the Ladybug』作者の超怖顔描きメイキング!

  10. 「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top