【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

『ゼルダの伝説 BotW』をこよなく愛するプレイヤー達が、「"The Four"-Zelda BotW Cinematic Combat Montage」と題された魅せプレイ映像を制作してYouTubeに公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開
  • 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開
  • 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開
!注意!本記事内の映像には『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に関する
ネタバレが含まれています。



ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をこよなく愛する腕利きのプレイヤー4人が集まって、独自のプロジェクトとして「"The Four"-Zelda BotW Cinematic Combat Montage」と題された魅せプレイの戦闘映像をYouTubeに公開しました。

参加者の中の一人RinHara5aki氏のチャンネル説明文によれば、本プロジェクトは6か月にわたり企画し、4か月かけて制作されたといいます。企画制作者は世界中から集まった戦闘狂とのことで、米国東海岸からKleric氏、台湾からCHC Yu-Da氏、日本からはPeco氏そして自身は米国西海岸から参加したそうです。

映像は4人の戦闘シーンをそれぞれモンタージュしてひとつにまとめられており、RinHara5aki氏によれば「ネタバレとリミックスされたカットシーンの組み合わせなので、注意してください」とのことでした。


映像内でひとたびリンクが武器を振れば、そこから先は目にも止まらぬ速さで攻撃を畳みかけていく様子が確認できます。これがもしデビルメイクライシリーズならSSS評価の文字が画面にずっと踊っていてもおかしくありません。

2017年に発売されてから今なお愛されプレイされ続ける『ゼルダの伝説 BotW』、昨年のE3 2019では続編の話も上がっており目が離せません。
《麦秋》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

    そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

  2. 『サイバーパンク2077』初期バージョンに存在していた「ウォールランニング」を復活させるModが登場! 一部で機能制限あり

    『サイバーパンク2077』初期バージョンに存在していた「ウォールランニング」を復活させるModが登場! 一部で機能制限あり

  3. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

    『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  4. 発売直後のインディーゲームがプレイヤー数15万人を突破、Xbox Game Passの影響も大―『レインパレード: イタズラ雲の冒険!』が快調を報告

  5. 殺される度に強くなる! まるでゲームのようなSFアクション映画「コンティニュー」公開決定―タイムループの謎を解き明かせ

  6. 真田広之のアクションが光る! 実写映画版「モータルコンバット」序盤7分が披露

  7. 見る角度で変化するPS5『Demon's Souls』アニメーションパッケージがかっこいい! 海外アーティストが制作

  8. 『GTA V』をクリアするためには最低でも700人以上を殺めなければならない―海外ユーザーが約半年をかけた検証結果を報告

  9. 『Portal 2』10周年記念でコミュニティ製大型Mod「Portal Reloaded」が無料配信開始!

  10. 米地方裁判所、ValveにSteamの販売データをアップルに引き渡すよう要請―Epic Games対アップル訴訟の傍聴会で

アクセスランキングをもっと見る

page top