リアルすぎる銃器操作FPS『Receiver 2』4月14日リリース―可動部位「すべて」シミュレートでさらなるリアルへ【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リアルすぎる銃器操作FPS『Receiver 2』4月14日リリース―可動部位「すべて」シミュレートでさらなるリアルへ【UPDATE】

前作『Receiver』が、4月17日まで80%オフの99円で配信されています。

PC Windows
リアルすぎる銃器操作FPS『Receiver 2』4月14日リリース―可動部位「すべて」シミュレートでさらなるリアルへ【UPDATE】
  • リアルすぎる銃器操作FPS『Receiver 2』4月14日リリース―可動部位「すべて」シミュレートでさらなるリアルへ【UPDATE】
  • リアルすぎる銃器操作FPS『Receiver 2』4月14日リリース―可動部位「すべて」シミュレートでさらなるリアルへ【UPDATE】
  • リアルすぎる銃器操作FPS『Receiver 2』4月14日リリース―可動部位「すべて」シミュレートでさらなるリアルへ【UPDATE】

Wolfire Gamesは、リアルな銃器操作FPS『Receiver 2』が4月14日にリリースされることを発表しました。新しいリリーストレイラーも公開されています。

本作は、異色のFPS『Receiver』の続編。たいていのゲームではリロードボタンひとつで完了する操作を、「マガジンを抜く」や「マガジンを確認する」など非常に細かいリアルな設定でできるのが特徴の作品です。今作では使用できる銃器の種類が増加し、また、前作では一部だったという銃の可動部分に対し、「すべて」の可動部分をシミュレートしているのが大きな違いのようです。また、リアルな跳弾や弾道などのこだわりも特徴としてあげています。

前作は、1週間でFPSを作り上げるゲームジャム「7DFPS Challenge」から生まれたゲーム。今回発表されたトレイラーは、前作の生まれた経緯を意識したものかリリースの7日前に公開され、「7日後に配信される」ことを強調した作りになっています。




ツイッターの投稿では、実際に射撃している様子も見ることできます。

『Receiver 2』はPC(Steam)向けに2020年4月14日にリリース予定。また、前作『Receiver』が4月17日まで80%オフの99円で配信されています。



※UPDATE(2020/4/10 2:26):ツイートを追記しました。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 高評価『FFT』風SRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』拡張DLC「Missions and Monsters」を現地6月23日に配信

    高評価『FFT』風SRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』拡張DLC「Missions and Monsters」を現地6月23日に配信

  2. 『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』Steamページが公開、6月22日より配信開始!

    『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』Steamページが公開、6月22日より配信開始!

  3. 名作RTSリマスター『Command & Conquer Remastered Collection』がSteam/Originにて配信開始!

    名作RTSリマスター『Command & Conquer Remastered Collection』がSteam/Originにて配信開始!

  4. ワクワク必至の『Desperados III』ミニチュアトレイラー公開―苦労が垣間見える舞台裏映像も

  5. 『バトルフィールド V』最終大型アップデート「Summer Update」パッチノート公開―新マップや武器など多数の追加や修正

  6. 狩猟犬と一緒に楽しむハンティングシム『Hunting Simulator 2』武器や装備を確認可能な新トレイラー公開―PC版は7月16日に発売延期

  7. 『The Sims 4』アップデート後より放尿中に便器が燃える奇妙なバグが発生中―セーブが破損する深刻な問題も

  8. クラシックオープンワールドRPG『Gedonia』Steam早期アクセス開始―好きに成長して自宅も建てよう

  9. 基地建設サバイバルアクションRPG『The Riftbreaker』デモ版をSteamゲームフェスティバルにて配信予定

  10. 『VALORANT』コンソール版プロトタイプの制作が進行中―ライアットゲームズが明かす

アクセスランキングをもっと見る

page top