「アイボ」の進化系?SIEが「友達ロボット」特許を海外出願―一緒にゲームも遊べちゃうかも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「アイボ」の進化系?SIEが「友達ロボット」特許を海外出願―一緒にゲームも遊べちゃうかも

申請内容によればユーザーに共感する能力を持つだけでなく、ロボット側にユーザーとの友好度ごとの行動もあるようです。

ゲーム文化 カルチャー
「アイボ」の進化系?SIEが「友達ロボット」特許を海外出願―一緒にゲームも遊べちゃうかも
  • 「アイボ」の進化系?SIEが「友達ロボット」特許を海外出願―一緒にゲームも遊べちゃうかも
  • 「アイボ」の進化系?SIEが「友達ロボット」特許を海外出願―一緒にゲームも遊べちゃうかも

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが「ユーザーの感情に反応する自律型ロボット」の特許を申請していることが明らかになりました。

これは、アメリカ特許商標庁(USPTO)のサイトで確認されたもの。申請内容によると、このロボットはユーザーに対し「ポジティブ」「ネガティブ」「どちらでもない」などの3つの感情を推定し、共感する反応などを提供してコミュニケーションを行う事が可能です。この機能により「一緒に泣いたり笑ったりできるロボットと共に、ゲームや映画をより一層楽しむことができるようになる」としています。

更に「ロボットが着座可能な程度の自律機能を有していることが望ましい」としており、一例としてソファーで一緒にゲームを楽しんでいるイラストも掲載しています。なお、記載された例としては、野球ゲームで相手チームをロボットが操作できるようです。また、ロボットには愛に近いパラメーターが存在し、「なでれば上昇、蹴れば減少」などユーザーの行動によって数値は変更。大きくマイナスになるとユーザーに対して少々つれない態度を取るようになり、ユーザーとの円滑なコニュニケーションを求めるようになるとのことです。

ロボットと一緒にゲームを遊ぶイメージ

実現すればまさしく夢のような「ロボットの友達」とも言える存在ですが、あくまで特許申請段階のため、今後どのようにこの申請内容が生かされていくかなどは不明です。また、同特許では「PlayStation VR」状のHMDを通じて交流可能な「仮想オブジェクト」に対しての言及もあり、VR/AR空間においてAIキャラクターとゲームなどを楽しむことも念頭に置いたものである可能性がありそうです。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『シムシティ』で知られるMaxisが開発した幻の訓練用ソフト『SimRefinery』が発掘!

    『シムシティ』で知られるMaxisが開発した幻の訓練用ソフト『SimRefinery』が発掘!

  2. 27年前に開発中止になった幻の横スクロールACT『時計じかけのアクワリオ』がPS4/スイッチ向けに2020年発売!

    27年前に開発中止になった幻の横スクロールACT『時計じかけのアクワリオ』がPS4/スイッチ向けに2020年発売!

  3. トラック運送シム『ETS2』日本マップMod「Project Japan」v0.40公開

    トラック運送シム『ETS2』日本マップMod「Project Japan」v0.40公開

  4. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  5. 『P.T.』を『Half-Life: Alyx』で再現! VRであの恐怖を体験できるModが登場

  6. 本格ステルス忍者シム『Ninja Simulator』Steam配信予定! 闇に紛れ敵を暗殺

  7. 未発売の海外ファミコンゲームがソースコード発見により復刻! ビルド可能なソースコードの公開も予定

  8. くにおくんシリーズ未発表作『熱血くにおくん図鑑(仮)』が発掘! 初出のキャラ設定情報も明らかに

  9. ロックスターのオンラインゲーム『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』で一時サーバー停止―黒人男性死亡事件を受け

  10. 『Euro Truck Simulator 2』日本マップMod「Project Japan」v0.40の公開日が決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top