情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売

個人ゲーム開発者「hako 生活」と room6は、インディーゲームレーベル「ヨカゼ」を発足したと発表しました。

ニュース 発表
情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売
  • 情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売
  • 情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売
  • 情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売
  • 情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売
  • 情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売

hako 生活とroom6は、インディーゲームレーベル「ヨカゼ」を発足したと発表しました。

「ヨカゼ」はグラフィック、音楽、テキストの端々やゲーム性という様々な要素が折り合わさり、思わず世界に浸ってしまうような、情緒のある体験を持つゲームをリリースするためのレーベルとのことで、現在はニンテンドースイッチ向けに4タイトルが発表されています。「ヨカゼ」第一弾となる『アンリアルライフ』は個人ゲーム開発者hako 生活氏が開発したアドベンチャーゲームで、サイコメトラーで記憶喪失の少女が、無線式の信号機AIと協力し、知らない街を冒険しながら、自身の記憶を取り戻すという内容とのことです。





room6は過去にGame*Sparkでも取り上げた麗しきおビンタバトル『薔薇と椿』の開発にも参加しており、今後の動向にも注目です。インディーゲームレーベル「ヨカゼ」の第一弾『アンリアルライフ』は2020年5月14日発売予定で、5月13日まで400円引の2,000円であらかじめダウンロードが開始されています。
《HATA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ベセスダ親会社の日本法人、ゼニマックス・アジア6月もって閉鎖か―人事部長の書き込みから浮上

    ベセスダ親会社の日本法人、ゼニマックス・アジア6月もって閉鎖か―人事部長の書き込みから浮上

  2. 『Kerbal Space Program 2』開発元の行く末にやはり暗雲が…親会社CEOは閉鎖否定も社員のレイオフが開始へ

    『Kerbal Space Program 2』開発元の行く末にやはり暗雲が…親会社CEOは閉鎖否定も社員のレイオフが開始へ

  3. 『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

    『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

  4. Steam“おま国”解禁の「ドラゴンボール」ゲーの同時接続プレイヤー数はその後……

  5. シリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops 6』最新実写トレイラー「The Truth Lies」公開!リリース初日にXbox Game Pass追加も決定

  6. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

  7. 99%以上減…ワーナーのスマブラ風格ゲー『MultiVersus』Steam版ピーク時同接数が過去最低に

  8. 『Forza Horizon』シリーズのベテラン開発者陣が新たなAAAゲーム開発会社「Maverick Games」設立

  9. 「ゲームの主流を再定義する」なんて言ってない―『ラスアス』ニール・ドラックマン氏が海外ソニーインタビューの内容を否定

  10. 90年代ポイント&クリックADV『Blade Runner』のリマスター版が開発中! PCとコンソールで年内発売予定

アクセスランキングをもっと見る

page top