情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売

個人ゲーム開発者「hako 生活」と room6は、インディーゲームレーベル「ヨカゼ」を発足したと発表しました。

ニュース 発表
情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売
  • 情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売
  • 情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売
  • 情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売
  • 情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売
  • 情緒あるインディーゲームレーベル「ヨカゼ」発足ー第一作『アンリアルライフ』は5月14日発売

hako 生活とroom6は、インディーゲームレーベル「ヨカゼ」を発足したと発表しました。

「ヨカゼ」はグラフィック、音楽、テキストの端々やゲーム性という様々な要素が折り合わさり、思わず世界に浸ってしまうような、情緒のある体験を持つゲームをリリースするためのレーベルとのことで、現在はニンテンドースイッチ向けに4タイトルが発表されています。「ヨカゼ」第一弾となる『アンリアルライフ』は個人ゲーム開発者hako 生活氏が開発したアドベンチャーゲームで、サイコメトラーで記憶喪失の少女が、無線式の信号機AIと協力し、知らない街を冒険しながら、自身の記憶を取り戻すという内容とのことです。





room6は過去にGame*Sparkでも取り上げた麗しきおビンタバトル『薔薇と椿』の開発にも参加しており、今後の動向にも注目です。インディーゲームレーベル「ヨカゼ」の第一弾『アンリアルライフ』は2020年5月14日発売予定で、5月13日まで400円引の2,000円であらかじめダウンロードが開始されています。
《HATA》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「名越スタジオ」がネットイース日本支社と同一住所に設立―セガ退社の名越稔洋氏が取締役か

    「名越スタジオ」がネットイース日本支社と同一住所に設立―セガ退社の名越稔洋氏が取締役か

  2. アクティビジョン・ブリザード買収の影響でソニーの時価総額が約2兆円下落―しかしマイクロソフトにも暗雲

    アクティビジョン・ブリザード買収の影響でソニーの時価総額が約2兆円下落―しかしマイクロソフトにも暗雲

  3. 開発が遅れても最後には上手くいってしまう「BioWare Magic」は悪しきプロセス―元エグゼクティブプロデューサーが苦言

    開発が遅れても最後には上手くいってしまう「BioWare Magic」は悪しきプロセス―元エグゼクティブプロデューサーが苦言

  4. 今後の進退や買収受け入れ理由は?アクティビジョン・ブリザードCEOボビー・コティック氏が海外メディアのインタビューに応じる

  5. 『ポケモン ユナイト』新実装の「オーロット」は、まるで“別ゲー”!? 驚異のHP回復で妨害しまくり

  6. 「これからは90%の人が無駄にゲームをしなくなる」―Reddit創業者の一人が仮想通貨やメタバースなどの未来を予想

  7. 【72円!】オチンチ〇パーティーゲーム『Genital Jousting』が3周年記念で90%オフセール中

  8. 【速報】マイクロソフトがアクティビジョン・ブリザードを買収―買収完了後は世界第3位のゲーム会社へ

  9. 『PUBG』開発者が技術デモ映像を公開―次回作はオープンワールド?

  10. アニメ「Shenmue the Animation」予告編解禁―メインキャラが集結したキービジュアルもお目見え

アクセスランキングをもっと見る

page top