『レッド・デッド・オンライン』で「KKK」を使って人種差別行為を行うチーターが急増―現在は公式パッチにより対策済み | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レッド・デッド・オンライン』で「KKK」を使って人種差別行為を行うチーターが急増―現在は公式パッチにより対策済み

「KKK」キャラクターはNPCだけでなくチーター自身が操っている場合もあるようです。

ゲーム文化 その他
『レッド・デッド・オンライン』で「KKK」を使って人種差別行為を行うチーターが急増―現在は公式パッチにより対策済み
  • 『レッド・デッド・オンライン』で「KKK」を使って人種差別行為を行うチーターが急増―現在は公式パッチにより対策済み
  • 『レッド・デッド・オンライン』で「KKK」を使って人種差別行為を行うチーターが急増―現在は公式パッチにより対策済み

ロックスターゲームスがサービス展開中の『レッド・デッド・オンライン』内で、チーターがKKK(Ku Klux Klan、白人至上主義団体)の姿のキャラクターを登場させ、他のユーザーに対して人種差別的な迷惑行為を行っているという報告が寄せられています。現在は公式パッチで対応済みです。

SNSやredditの投稿によるとここ数週間で「アジア人キャラクターの周囲にNPCを大量に発生させる」「ゲーム内メッセージを悪用して差別的な発言を行う」など人種差別を目的とする迷惑行為が多数報告されています。また、大量にキャラクターを出現させて、近くのプレイヤーのゲームをクラッシュさせるといった例もあるようです。

「KKK」モデルのキャラクターは『Red Dead Redemption 2』内で登場しているもの。オンラインでは登場しないキャラクターですが不正な改造ツールの使用で持ち込めるようで、以前にも「双頭のスケルトン」をサーバー内に発生させるチーターの存在が明らかになっていました。

なお、現在は公式パッチにより改造ツールで「KKK」キャラクターを出現させることはできなくなっているようです。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『VALORANT』で違反行為者を通報したプレイヤーに「対象者のBAN」を報告する機能が実装

    『VALORANT』で違反行為者を通報したプレイヤーに「対象者のBAN」を報告する機能が実装

  2. 実写映画版「METAL GEAR SOLID」の脚本はすでに完成している―監督が作品についての最新情報を公開

    実写映画版「METAL GEAR SOLID」の脚本はすでに完成している―監督が作品についての最新情報を公開

  3. Xbox新作ゲームのデモ版が60本以上公開される「Summer Game Fest Demo Event」が開催決定!

    Xbox新作ゲームのデモ版が60本以上公開される「Summer Game Fest Demo Event」が開催決定!

  4. PS4/PS5向け新作インディータイトル8本紹介―独創的で魅惑的な世界広がる!

  5. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  6. 今度はどんな狂気が…?Devolver Digital単独プレゼン「Devolver Direct 2020」の日程が7月12日に決定【UPDATE】

  7. 多数の限定パッケージ版を発表するLimited Run Games配信イベント「LRG3」が近日開催

  8. ゲームコミュニティから、よりグローバルな「話す場所」へと―「Discord」がツールのブランディング変更を発表

  9. 『Euro Truck Simulator 2』日本マップMod「Project Japan」v0.40の公開日が決定!

  10. 『ロケットリーグ』海外プロ選手がTwitch配信中に感電……落雷の影響で手を火傷、コントローラーも破損

アクセスランキングをもっと見る

page top